営業への転職は人見知りでも大丈夫♪未経験者が活躍する業界は営業が一番

お疲れ様です。T@課長(@Nya540720)です。

本日のテーマは

営業への転職は人見知りでも大丈夫♪未経験者が活躍する業界は営業が一番

です。

営業の求人広告には『人見知りでも大丈夫』・『未経験でも安心♪』など、
未経験者でも働きやすいという内容の記事をよく見かけますよね。

ただ、本当に人見知りの方は、いきなり営業の会社に応募することは不安ですよね?

 

それは、営業職というものが、

  • どのような仕事内容なのか?
  • 営業職の種類がどれほどあるのか?
  • 自分の性格が営業に向いているのか?
  • 希望の営業職がどのような営業スタイルなのか?

 

これを、事前に確認して理解しておけば、営業職に対する不安が解消できると思います。

 

  難易度 ストレス 体力 お金
内勤営業 低め 低め 低め 低め
外勤営業 高め 高め 低め 高め

自分に合った職場を選ぶ

『なぜ営業職に難しい印象があるのか?』の章でも説明しましたが、
自分に合った職場を選ぶことは難しいと思います。

 


しかし、難しいからこそ真剣に悩み判断する必要があります。

 

自分に合った職場を選ぶには、専門家の力を借りことが効果的です。

 

良いマッチングができれば、一生働ける職場を見つけることができますので、

積極的にサイトやツールを活用してよい職場を見つけましょう。

 

【お勧め転職サイトはこちら↓】

営業は未経験おすすめ!営業への転職は不安でも志望動機が無くて良い
営業は未経験おすすめ!営業への転職は不安でも志望動機が無くて良い
営業は未経験おすすめ!営業への転職は不安でも志望動機が無くて良い
営業は未経験おすすめ!営業への転職は不安でも志望動機が無くて良い
目次

まとめ 営業への転職は人見知りでも大丈夫♪未経験者が活躍する業界は営業が一番

わたしは営業は、やりがいもあり楽しい仕事だと思っています。

 

しかし、それは私が営業に対してイメージが良いことが理由です。

 

営業職に就職したことがない人は、営業のメリットもデメリットも分からず、
偏ったイメージばかりが先行しているのではないかと思い、この記事を書きました。

 

昔の言葉ですが、”職人は手に仕事をつける”と言われていましたが、営業職は”口に仕事をつける”仕事だと思っています。

 

言葉は仕事の基本です。

 

キャリアプランは様々だと思いますが、ぜひ一度は営業職を経験して欲しいと思います。

 

在職中に次の仕事を模索しながら、ステップアップを目指しましょう!

 

【転職について検討している方はこちら↓】

 

それでは、今日も一日、お疲れ様でした!

  難易度 ストレス 体力 お金
内勤営業 低め 低め 低め 低め
外勤営業 高め 高め 低め 高め

自分に合った職場を選ぶ

『なぜ営業職に難しい印象があるのか?』の章でも説明しましたが、
自分に合った職場を選ぶことは難しいと思います。

 


しかし、難しいからこそ真剣に悩み判断する必要があります。

 

自分に合った職場を選ぶには、専門家の力を借りことが効果的です。

 

良いマッチングができれば、一生働ける職場を見つけることができますので、

積極的にサイトやツールを活用してよい職場を見つけましょう。

 

【お勧め転職サイトはこちら↓】

営業は未経験おすすめ!営業への転職は不安でも志望動機が無くて良い
営業は未経験おすすめ!営業への転職は不安でも志望動機が無くて良い
営業は未経験おすすめ!営業への転職は不安でも志望動機が無くて良い
営業は未経験おすすめ!営業への転職は不安でも志望動機が無くて良い

まとめ 営業への転職は人見知りでも大丈夫♪未経験者が活躍する業界は営業が一番

わたしは営業は、やりがいもあり楽しい仕事だと思っています。

 

しかし、それは私が営業に対してイメージが良いことが理由です。

 

営業職に就職したことがない人は、営業のメリットもデメリットも分からず、
偏ったイメージばかりが先行しているのではないかと思い、この記事を書きました。

 

昔の言葉ですが、”職人は手に仕事をつける”と言われていましたが、営業職は”口に仕事をつける”仕事だと思っています。

 

言葉は仕事の基本です。

 

キャリアプランは様々だと思いますが、ぜひ一度は営業職を経験して欲しいと思います。

 

在職中に次の仕事を模索しながら、ステップアップを目指しましょう!

 

【転職について検討している方はこちら↓】

 

それでは、今日も一日、お疲れ様でした!

インバウンド《inbound》
「入ってくる、内向きの」という意味の形容詞。⇔アウトバウンド(outbound)。

■ ビジネス一般:企業側が、顧客からの電話や来訪などを受け付ける形態の業務。
 コールセンターの業務区分にも用いられる。

■ 旅行・ホテル業界:外国人旅行者を自国へ誘致することの意。
 日本においては、海外から日本へ来る観光客を指すことが多い。

■ 通信:コンピュータやネットワーク、
 AS(インターネットにおける自律システム -autonomous system-)などに
 対する内向きの通信。外部からデータを受信すること。

(ウィキペディア より)
アウトバウンド《outbound》

■「アウトバウンド」も同様に英語由来の言葉で、表記は「outbound」です。
「内から外へ出ていく」という意味合いです。

「アウトバウンド」と「インバウンド」は常に対をなす言葉として同じシーンで使用されることが多くあります。
 インバウンドの営業であれば、お客様が勝手に(自動的に)来るため、嫌でも接客することになります。
「人見知りで他人にはあまり話しかけにくいな・・・」と思う人は、インバウンドがおすすめです。
 
【営業に使える基礎統計学についてはこちら↓】
 

インバウンドの多くは接客業【営業のおすすめ診断】

インバウンドの営業の多くは、接客業など事務所や店舗の中で営業を行います。



いわゆる外回りの営業とは違うため、体力的な難しさはありません。

 

内勤営業のアウトバウンドはテレフォンアポイント(電話営業)など

内勤業務の代表的なアウトバウンドは、テレフォンアポイント(電話営業)などです。



当然、体力的な厳しさはありませんが、電話営業はお客様に断られることがほとんどですので、精神的なストレスはあります。

 

人見知りでも自分を変えたいなら外勤営業がおすすめ♪

一般的な営業のイメージは、外勤営業だと思います。

外回りの営業になりますので、内勤営業と比べれば体力的な厳しさはあります。



しかし、肉体労働とは違いますので、一般的な体力があれば十分です。

営業のスタイルによって、営業のやり方が違いますので難易度もストレスもだいぶ違います。

 

正直言って、人見知りの人はカルチャーショックを受けるぐらい衝撃があると思います。

 

私も人見知りで学生のころの友人は「お前が営業やってるなんて信じられない」と言いますが、
私も学生の頃の自分から想像するととても営業なんてできると思いませんでした。

 

私は外勤営業を始めたころに、「営業は役者と一緒だよ」という先輩の言葉に救われました。

 

普段の自分とは違い「営業している自分を演じている」感覚で仕事をしています(今も)

 

だから、人見知りの自分でも簡単に話しかけることもできるし、商談するこもできます。

 

自分を変えたいおと思っているなら、あえて外勤営業の転職することはおすすめです!

 

 

【統計リテラシーについてはこちら↓】

 

なぜ、転職で営業は人見知りでも未経験でも求められているのか?

なぜ、転職で営業は人見知りでも未経験でも求められているのか?

営業の求人広告には、”人見知りでも大丈夫!”・”未経験歓迎♪”の記事をよく見かけますよね。



では、なぜ営業職は人見知りや未経験でも大丈夫なのでしょうか?

それは、営業会社には営業のノウハウが詰まったマニュアルがあるからです。

自社が販売する商品やサービスを売るために、トークやパンフレットを改良した結果、
そのマニュアルを使えば、未経験者でも十分即戦力として活躍できる自信があるからこそ、
求人広告に”未経験者歓迎♪”と書いているのです。

むしろ、過去の経験による固定概念が強く、
新しい会社のマニュアルやトークを覚えず、業績が伸び悩む新入社員も多くいます。

営業経験者には、逆にそのような懸念もあり、
求人広告には”未経験者歓迎♪”や”未経験者でも安心♪”と書いているのです。

 

【営業トークについてはこちら↓】

 

営業に向いている最適な性格は?【おすすめ性格診断】

営業に向き不向きの性格があるのでしょうか?

性格と物事の考え方を同じととらえれば、向き不向きの性格はあります。

最適の性格は、”失敗しても、深く考えず、またすぐ行動する性格”です。

営業は、成功することよりも、失敗することの方が多い仕事です。



もちろん、失敗の中から改善策を見つけて、トライアンドエラーを繰り返す必要がありますが、
一度の失敗を引きずる性格の方は、あまり営業には向きません。

「契約を断られても、次は契約取れるかもしれないから、ほかのお客様のところへ行ってみよう」と、
ある程度は楽観的に物事を考える方の方が営業には向いています。

もし、あなたが悲観的な考え方の方ならば、
事前準備と傾向と対策をしっかり練った上で、営業をすれば結果は伴ってくると思います。


営業成績が優秀なスーパー営業マンは楽天家が多いのは事実ですが、
管理職などのマネージャー職の方は、悲観的な性格の方も多くいらっしゃいます。

悲観的な性格だからこそ、さまざま傾向と対策を行うことが、
新たなマニュアルの作成や事業モデルの一新に役立つからです。


営業に最適な性格は、小さな失敗を気にしない楽天家の性格です

 

【管理職の悩みについてはこちら↓】

 

営業に必要なスキルは? 特別なスキルは必要なし!

一般論でいえば、学歴や資格、特殊なスキルは必要ありません。

考え方と近いニュアンスになりますが、自分を律するセルフコントロールのスキルは必要です。

営業は自由裁量で仕事ができる範囲が広い分、
自分を律することができなければ、営業成績を伸ばすことは難しくなります。

セルフコントロールを遵守するポイントは、
”やる気を維持するための目標””やる気に左右されないアクションのシステム化”です。

目標は「来月は彼女(彼氏)の誕生日だからプレゼント買うために頑張ろう!」や
「両親を温泉旅行に連れて行こう」など、自分のためではなく”他の誰かのために”を目標に掲げると効果的です。


”自分のために”は、どうしても妥協しがちになるため、”ほかの誰か”に喜んでもらうことを目標に掲げましょう。


また、”やる気に左右されないアクションのシステム化”とは、
”設定した時間になるとリストを順番に電話を掛ける”や訪問先は住所録の通り順番に訪問する”などがあります。



自分を律するセルフコントロールこそ、営業に必要なスキルです。

 

【キャリアプランについてはこちら↓】

 

なぜ営業に難しい印象があるのか?【不安を解消】

”営業は厳しい”・”営業は難しい”という印象がありますよね?

 

確かに簡単な仕事ではないと思いますが、現実よりも難しい印象が世間にある気がします。

 

そこで、なぜ営業職に難しい印象があるのかを説明します。

 

営業成績や営業の売上にノルマがあるから厳しい?

営業にノルマはつきものです。

 

当たり前のはなしですが、企業が維持運営するためには、運転資金が必要です。



その運転資金を確保するのが、営業部の営業社員の仕事です。

 

その資金を確保するためですので、ノルマが厳しくなるのは当然かもしれません。

 

お客様(取引先)の対応が厳しい

営業の訪問先として伺うことに対して、厳しい対応をされることがあります。

訪問される側としては、訪問されることを待っているわけではないため、どうしても良い印象は持たれません。



訪問される側だった人の方が多いと思いますが、毎回愛想よく対応していなかったのではないでしょうか?

訪問先のお客様の対応が厳しくなるのは、当然かもしれません。

 

社内の人間関係が厳しい

営業の会社は「人間関係がギクシャクしている」・「上下関係が厳しい」という印象がある気がします。

 

たしかに、極端に楽観的な人や極端に凝り性の人が多いことは間違いないと思います。

 

人間関係が悪い会社で長く働くことは難しいため、営業にも厳しいイメージがあると思います。

 

営業の厳しい印象を払拭するには?【不安を解消】

営業の厳しい印象を払拭するためには、”会社をよく調べる”ことです。

営業の会社の中にもノルマを設定しない会社も増えてきましたし、
営業のスタイルがルート営業や反響営業の場合は、お客様の反応も違います。




営業の方法や営業スタイルによって、厳しい印象も実務的な難易度も違います。

 

事前に求人広告や志望の会社のHPを調べて、どのような営業活動をしているかを確認します。

 

実際の営業のスタイルや具体的な方法は、面接でしっかり確認しましょう。

 

面接については、面接を受ける側面接をする側の2記事を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

【面接官が教える面接の極意はこちら↓】

 

【面接の裏側と必勝法はこちら↓】

 

人見知りが営業を楽しく続けるには?

長く営業職で働くためには、楽しく仕事をする必要があります。



何事も楽しくなければ、次第に続けることがストレスになってしまいます。



仕事というステージのの上で、楽しく続けるために注意すべきポイントがあります。

 

【ライフデザインについてはこちら↓】

 

自分に性格に合った業務を選ぶ

性格や体力や考え方など、自分にあった営業職を選びましょう。

  難易度 ストレス 体力 お金
内勤営業 低め 低め 低め 低め
外勤営業 高め 高め 低め 高め

自分に合った職場を選ぶ

『なぜ営業職に難しい印象があるのか?』の章でも説明しましたが、
自分に合った職場を選ぶことは難しいと思います。

 


しかし、難しいからこそ真剣に悩み判断する必要があります。

 

自分に合った職場を選ぶには、専門家の力を借りことが効果的です。

 

良いマッチングができれば、一生働ける職場を見つけることができますので、

積極的にサイトやツールを活用してよい職場を見つけましょう。

 

【お勧め転職サイトはこちら↓】

営業は未経験おすすめ!営業への転職は不安でも志望動機が無くて良い
営業は未経験おすすめ!営業への転職は不安でも志望動機が無くて良い
営業は未経験おすすめ!営業への転職は不安でも志望動機が無くて良い
営業は未経験おすすめ!営業への転職は不安でも志望動機が無くて良い

まとめ 営業への転職は人見知りでも大丈夫♪未経験者が活躍する業界は営業が一番

わたしは営業は、やりがいもあり楽しい仕事だと思っています。

 

しかし、それは私が営業に対してイメージが良いことが理由です。

 

営業職に就職したことがない人は、営業のメリットもデメリットも分からず、
偏ったイメージばかりが先行しているのではないかと思い、この記事を書きました。

 

昔の言葉ですが、”職人は手に仕事をつける”と言われていましたが、営業職は”口に仕事をつける”仕事だと思っています。

 

言葉は仕事の基本です。

 

キャリアプランは様々だと思いますが、ぜひ一度は営業職を経験して欲しいと思います。

 

在職中に次の仕事を模索しながら、ステップアップを目指しましょう!

 

【転職について検討している方はこちら↓】

 

それでは、今日も一日、お疲れ様でした!

そのため、

  • なぜ、営業職は人見知りでも大丈夫なのか?
  • 営業は本当に未経験でも大丈夫なの?
  • 営業に最適な性格は?
  • 営業職に必要なスキルは?
  • なぜ営業職に難しい印象があるのか?
  • 営業を楽しく続けていくには?

を紹介したいと思います。

 

この記事を読めば、
         営業への転職の不安が解消できます!


読みたい記事には、目次から選んで下さい。

 

【キャリアデザインについてはこちら↓】

 

営業への転職は人見知りでも大丈夫!営業の仕事の内容を知ろう

営業への転職は人見知りでも大丈夫!営業の仕事の内容を知ろう

営業を分けていくと、大きな別れ道として、内勤営業と外勤営業に分かれます。



内勤営業と外勤営業では、求められるスキルも人材も大きく異なるため、双方の違いを説明します。

 

人見知りの方なら、内勤営業がおすすめです。

 

自分を変えたいと思っているなら、外勤営業がおすすめです!

 

私は「厳しいけど稼げる仕事をやろう!」と思って転職したため外勤営業を選びました!

 

人見知りにおすすめ!内勤営業とは

内勤営業は大きく分けると、インバウンドとアウトバウンドに分かれます。

インバウンド《inbound》
「入ってくる、内向きの」という意味の形容詞。⇔アウトバウンド(outbound)。

■ ビジネス一般:企業側が、顧客からの電話や来訪などを受け付ける形態の業務。
 コールセンターの業務区分にも用いられる。

■ 旅行・ホテル業界:外国人旅行者を自国へ誘致することの意。
 日本においては、海外から日本へ来る観光客を指すことが多い。

■ 通信:コンピュータやネットワーク、
 AS(インターネットにおける自律システム -autonomous system-)などに
 対する内向きの通信。外部からデータを受信すること。

(ウィキペディア より)
アウトバウンド《outbound》

■「アウトバウンド」も同様に英語由来の言葉で、表記は「outbound」です。
「内から外へ出ていく」という意味合いです。

「アウトバウンド」と「インバウンド」は常に対をなす言葉として同じシーンで使用されることが多くあります。
 インバウンドの営業であれば、お客様が勝手に(自動的に)来るため、嫌でも接客することになります。
「人見知りで他人にはあまり話しかけにくいな・・・」と思う人は、インバウンドがおすすめです。
 
【営業に使える基礎統計学についてはこちら↓】
 

インバウンドの多くは接客業【営業のおすすめ診断】

インバウンドの営業の多くは、接客業など事務所や店舗の中で営業を行います。



いわゆる外回りの営業とは違うため、体力的な難しさはありません。

 

内勤営業のアウトバウンドはテレフォンアポイント(電話営業)など

内勤業務の代表的なアウトバウンドは、テレフォンアポイント(電話営業)などです。



当然、体力的な厳しさはありませんが、電話営業はお客様に断られることがほとんどですので、精神的なストレスはあります。

 

人見知りでも自分を変えたいなら外勤営業がおすすめ♪

一般的な営業のイメージは、外勤営業だと思います。

外回りの営業になりますので、内勤営業と比べれば体力的な厳しさはあります。



しかし、肉体労働とは違いますので、一般的な体力があれば十分です。

営業のスタイルによって、営業のやり方が違いますので難易度もストレスもだいぶ違います。

 

正直言って、人見知りの人はカルチャーショックを受けるぐらい衝撃があると思います。

 

私も人見知りで学生のころの友人は「お前が営業やってるなんて信じられない」と言いますが、
私も学生の頃の自分から想像するととても営業なんてできると思いませんでした。

 

私は外勤営業を始めたころに、「営業は役者と一緒だよ」という先輩の言葉に救われました。

 

普段の自分とは違い「営業している自分を演じている」感覚で仕事をしています(今も)

 

だから、人見知りの自分でも簡単に話しかけることもできるし、商談するこもできます。

 

自分を変えたいおと思っているなら、あえて外勤営業の転職することはおすすめです!

 

 

【統計リテラシーについてはこちら↓】

 

なぜ、転職で営業は人見知りでも未経験でも求められているのか?

なぜ、転職で営業は人見知りでも未経験でも求められているのか?

営業の求人広告には、”人見知りでも大丈夫!”・”未経験歓迎♪”の記事をよく見かけますよね。



では、なぜ営業職は人見知りや未経験でも大丈夫なのでしょうか?

それは、営業会社には営業のノウハウが詰まったマニュアルがあるからです。

自社が販売する商品やサービスを売るために、トークやパンフレットを改良した結果、
そのマニュアルを使えば、未経験者でも十分即戦力として活躍できる自信があるからこそ、
求人広告に”未経験者歓迎♪”と書いているのです。

むしろ、過去の経験による固定概念が強く、
新しい会社のマニュアルやトークを覚えず、業績が伸び悩む新入社員も多くいます。

営業経験者には、逆にそのような懸念もあり、
求人広告には”未経験者歓迎♪”や”未経験者でも安心♪”と書いているのです。

 

【営業トークについてはこちら↓】

 

営業に向いている最適な性格は?【おすすめ性格診断】

営業に向き不向きの性格があるのでしょうか?

性格と物事の考え方を同じととらえれば、向き不向きの性格はあります。

最適の性格は、”失敗しても、深く考えず、またすぐ行動する性格”です。

営業は、成功することよりも、失敗することの方が多い仕事です。



もちろん、失敗の中から改善策を見つけて、トライアンドエラーを繰り返す必要がありますが、
一度の失敗を引きずる性格の方は、あまり営業には向きません。

「契約を断られても、次は契約取れるかもしれないから、ほかのお客様のところへ行ってみよう」と、
ある程度は楽観的に物事を考える方の方が営業には向いています。

もし、あなたが悲観的な考え方の方ならば、
事前準備と傾向と対策をしっかり練った上で、営業をすれば結果は伴ってくると思います。


営業成績が優秀なスーパー営業マンは楽天家が多いのは事実ですが、
管理職などのマネージャー職の方は、悲観的な性格の方も多くいらっしゃいます。

悲観的な性格だからこそ、さまざま傾向と対策を行うことが、
新たなマニュアルの作成や事業モデルの一新に役立つからです。


営業に最適な性格は、小さな失敗を気にしない楽天家の性格です

 

【管理職の悩みについてはこちら↓】

 

営業に必要なスキルは? 特別なスキルは必要なし!

一般論でいえば、学歴や資格、特殊なスキルは必要ありません。

考え方と近いニュアンスになりますが、自分を律するセルフコントロールのスキルは必要です。

営業は自由裁量で仕事ができる範囲が広い分、
自分を律することができなければ、営業成績を伸ばすことは難しくなります。

セルフコントロールを遵守するポイントは、
”やる気を維持するための目標””やる気に左右されないアクションのシステム化”です。

目標は「来月は彼女(彼氏)の誕生日だからプレゼント買うために頑張ろう!」や
「両親を温泉旅行に連れて行こう」など、自分のためではなく”他の誰かのために”を目標に掲げると効果的です。


”自分のために”は、どうしても妥協しがちになるため、”ほかの誰か”に喜んでもらうことを目標に掲げましょう。


また、”やる気に左右されないアクションのシステム化”とは、
”設定した時間になるとリストを順番に電話を掛ける”や訪問先は住所録の通り順番に訪問する”などがあります。



自分を律するセルフコントロールこそ、営業に必要なスキルです。

 

【キャリアプランについてはこちら↓】

 

なぜ営業に難しい印象があるのか?【不安を解消】

”営業は厳しい”・”営業は難しい”という印象がありますよね?

 

確かに簡単な仕事ではないと思いますが、現実よりも難しい印象が世間にある気がします。

 

そこで、なぜ営業職に難しい印象があるのかを説明します。

 

営業成績や営業の売上にノルマがあるから厳しい?

営業にノルマはつきものです。

 

当たり前のはなしですが、企業が維持運営するためには、運転資金が必要です。



その運転資金を確保するのが、営業部の営業社員の仕事です。

 

その資金を確保するためですので、ノルマが厳しくなるのは当然かもしれません。

 

お客様(取引先)の対応が厳しい

営業の訪問先として伺うことに対して、厳しい対応をされることがあります。

訪問される側としては、訪問されることを待っているわけではないため、どうしても良い印象は持たれません。



訪問される側だった人の方が多いと思いますが、毎回愛想よく対応していなかったのではないでしょうか?

訪問先のお客様の対応が厳しくなるのは、当然かもしれません。

 

社内の人間関係が厳しい

営業の会社は「人間関係がギクシャクしている」・「上下関係が厳しい」という印象がある気がします。

 

たしかに、極端に楽観的な人や極端に凝り性の人が多いことは間違いないと思います。

 

人間関係が悪い会社で長く働くことは難しいため、営業にも厳しいイメージがあると思います。

 

営業の厳しい印象を払拭するには?【不安を解消】

営業の厳しい印象を払拭するためには、”会社をよく調べる”ことです。

営業の会社の中にもノルマを設定しない会社も増えてきましたし、
営業のスタイルがルート営業や反響営業の場合は、お客様の反応も違います。




営業の方法や営業スタイルによって、厳しい印象も実務的な難易度も違います。

 

事前に求人広告や志望の会社のHPを調べて、どのような営業活動をしているかを確認します。

 

実際の営業のスタイルや具体的な方法は、面接でしっかり確認しましょう。

 

面接については、面接を受ける側面接をする側の2記事を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

【面接官が教える面接の極意はこちら↓】

 

【面接の裏側と必勝法はこちら↓】

 

人見知りが営業を楽しく続けるには?

長く営業職で働くためには、楽しく仕事をする必要があります。



何事も楽しくなければ、次第に続けることがストレスになってしまいます。



仕事というステージのの上で、楽しく続けるために注意すべきポイントがあります。

 

【ライフデザインについてはこちら↓】

 

自分に性格に合った業務を選ぶ

性格や体力や考え方など、自分にあった営業職を選びましょう。

  難易度 ストレス 体力 お金
内勤営業 低め 低め 低め 低め
外勤営業 高め 高め 低め 高め

自分に合った職場を選ぶ

『なぜ営業職に難しい印象があるのか?』の章でも説明しましたが、
自分に合った職場を選ぶことは難しいと思います。

 


しかし、難しいからこそ真剣に悩み判断する必要があります。

 

自分に合った職場を選ぶには、専門家の力を借りことが効果的です。

 

良いマッチングができれば、一生働ける職場を見つけることができますので、

積極的にサイトやツールを活用してよい職場を見つけましょう。

 

【お勧め転職サイトはこちら↓】

営業は未経験おすすめ!営業への転職は不安でも志望動機が無くて良い
営業は未経験おすすめ!営業への転職は不安でも志望動機が無くて良い
営業は未経験おすすめ!営業への転職は不安でも志望動機が無くて良い
営業は未経験おすすめ!営業への転職は不安でも志望動機が無くて良い

まとめ 営業への転職は人見知りでも大丈夫♪未経験者が活躍する業界は営業が一番

わたしは営業は、やりがいもあり楽しい仕事だと思っています。

 

しかし、それは私が営業に対してイメージが良いことが理由です。

 

営業職に就職したことがない人は、営業のメリットもデメリットも分からず、
偏ったイメージばかりが先行しているのではないかと思い、この記事を書きました。

 

昔の言葉ですが、”職人は手に仕事をつける”と言われていましたが、営業職は”口に仕事をつける”仕事だと思っています。

 

言葉は仕事の基本です。

 

キャリアプランは様々だと思いますが、ぜひ一度は営業職を経験して欲しいと思います。

 

在職中に次の仕事を模索しながら、ステップアップを目指しましょう!

 

【転職について検討している方はこちら↓】

 

それでは、今日も一日、お疲れ様でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる