降格する人の特徴を解説|実は特徴は1個だけ!当てはまる人は要注意

この記事を読んでいる方は、おそらく何らかの役職を拝命している役職者の方だと思います。

組織の中で成果を出し評価してもらったことで、出世されたことはとても素晴らしいことです。

しかし、一度出世すると、降格することが不安になる人もいると思います。

私は営業会社の管理職を10年以上拝命していますが、過去には降格も経験しています。

実は「降格する人の特徴」は基本的な型があり、類に漏れず私もその特徴に当てはまっていました。

その後、もう一度管理職を拝命した後は、部下の降格するタイプがあることに気づき、部下の育成に日々尽力しています。

今回は役職者の不安を解消するために、私の経験も踏まえ「降格する人の特徴」を解説します。

降格する人の特徴は明確です。

事前に「降格する人の特徴」を理解しておくことで、長期的なキャリデザインを描けるようになります。

この記事を読む価値

  • 「降格する人の特徴」が分かる
  • 「降格する人の特徴」か分かることで、改善を図ることができる
  • 降格するか転職するかの判断ができる

「降格する人の特徴」に該当しないにもかかわらず、降格せざるを得ない場合は、長期的なキャリアデザインは難しくなります。

降格するか転職するかの判断する材料も提示したいと思います。

この記事を読むべき人

  • 管理職などの役職者
  • 長期的なキャリアデザインを描きたい人
  • ブラック企業に勤めている人

ブラック企業に勤めている人は、出世も早いものの、降格も早い傾向があります。

長期的なキャリアデザインを描きたいと思っているものの、ブラック企業に勤めてて無下な降格の危険性がある人は、ぜひ最後まで読んで下さいね🎵

目次

降格する人の特徴を解説|他責思考に成長はなし!

降格する人の特徴を解説|他責思考に成長はなし!の画像

降格する人の特徴を解説します。

結論を言うと、『他責思考の人』が降格する特徴を備えています。

他責思考とは、物事が上手くいかないとき(トラブルや事故など)に、その原因を自分以外のもののせい(例えば、その状況や他人)にしてしまう思考です。

ちなみに、他責思考の反対は、自責思考です。

自責思考とは、物事が上手くいかないときに、その原因は自分にあると考えることです。

あなたの周りにもいませんか?こんな人他責思考の人

  • 仕事でクレームが来た場合、自分のミスや説明不足ではなく、お客様の理解力不足と考える人
  • 会社に遅刻した場合、寝坊したのも関わらず交通機関のトラブルのせいにする人
  • 学歴が低い原因が自分の勉強不足にも関わらず、親が塾に通わせてくれなかったせいにする人
  • 出世できないのは会社の指導不足だと考える人
  • 彼女(彼氏)ができないのは、出会いがないせいと考える人

問題の原因を他人のせいにする人は、他責思考の人と言えます。

降格する特徴は、他責思考の人という特徴1個だけです。

他責思考の人という特徴を備えている人は、要注意です。

当然ですが、早期に改善が必要であることは、間違いありません。

次の章で、「なぜ他責思考の人が降格する人の特徴を備えているのか」を説明します。

なぜ他責思考の人が降格する人の特徴を備えているのか?

なぜ他責思考の人が降格する人の特徴を備えているのか?の画像

なぜ他責思考の人が「降格する人の特徴」を備えているのかを説明します。

その答えは、以下の二つです。

  1. 管理職になれば部下のミスの責任を取ることもあり、他責思考では上席者は務まらないため
  2. 他責思考では自己成長できず、周囲の社員と比べ実力が落ちてしまい職責が務まらないため

「降格する人の特徴」「他責思考の人」と言えます。

管理職ともなれば必然的に、部下のミスをフォローする役割が求められます。

問題が大きくなってしまった場合は、お客様の謝罪に伺うようなケースもあります。

そのような場面でも、部下の責任とせず、自分の指導不足と考えるような者でなければ管理者失格です。

また、他責思考の人は自らの欠点や改善すべきポイントも自覚できないため、自己成長も乏しくなります。

結果、周囲の社員達と比べて実力も劣ることとなるため、職責を全うできず降格となります。

降格した当時の自分を見つめ直しても、間違いなく他責思考の管理者になっていました。

部署の業績が上がらない理由を部下の実力不足にする、最低の管理者だったと自覚しています。

この記事を読んでいる管理者の方は、私のような最低な管理者にならぬよう、他責思考を捨てて「降格する人の特徴」から脱却して下さい。

管理者としてのやりがいがなくなったと感じるようになった人は、関連記事から「管理職のやりがい」についての記事を読んでみて下さい。

きっと、新しい発見があるはずです。

>>>【関連記事】管理職がやりがいがないと感じるなら転職しかない!現代は転職2.0!

理不尽な降格を求められた場合の対応|将来も見据えて転職も考える

他責思考を捨て管理職として精進しているにもかかわらず、降格を指示されることもあります。

会社の規模縮小・事業展開の変更・M&Aなど、環境の変化による納得できる降格もあれば、理不尽な降格もあります。

理不尽な降格を求められた場合、素直に降格すし再起を目指すことも選択肢ですが、転職し新しいキャリアデザインを描くという選択肢もあります。

転職することで、現在のキャリアデザインをリセットすることは、とても勇気がいると思います。

仕事だけではなく、会社での人間関係もリセットされると言っても過言ではないので、年齢が高い方ほど難しいことは間違いありません。

しかし、今までのスキルを活かして次の業界にすすめば、決して今までのキャリア全てがリセットされる分けではありません。

特に、管理職として高い役職についていた方ほど、専門的なスキルをお持ちですので、転職で有利に働くこともあります。

でも、年齢が高い管理職が普通に転職活動していては、理想の仕事に就けることも難しいのが現状です。

そのため、管理職が転職活動する時の大きな助けになるのが、転職エージェントです。

転職エージェントは、あなたのキャリアから理想の会社を紹介してくれます。

年齢やキャリアを無駄にすることなく、むしろ最大限のレバレッジを活かせる転職をあっせんしてくれるのが転職エージェントであることは間違いありません。

しかも、転職エージェントは紹介した企業から紹介料を得るため、利用者側が支払う費用は一切必要ありません。

おすすめの転職エージェントは、業界No1転職エージェントの【リクナビネクスト】です。

【リクナビネクスト】と同じく、転職エージェントの大手といえば【マイナビ営業 AGENT】です。

リクナビネクストと【マイナビ営業 AGENT】の登録は済ませておきましょう。

また、管理・専門職、ミドル・ハイクラス向けの高年収層に特化した転職エージェントをお探しなら、【JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)】がもっとも適切な転職エージェントで間違いありません。

特に、外資系への転職を検討されているなら、無料登録は必須です。

管理職の降格と転職について詳しく知りたい方は、関連記事から詳細を確認してみて下さい。

>>>【関連記事】管理職から降格と転職ならどっちが有利?実録!降格と転職の真実

転職エージェントに2社登録が終わったら、退職代行にも相談しておきましょう。

管理職が退社する場合は、未払い残業代や退職金の金額で折り合いがつかず、時間がかかってしまうこともしばしば。

転職先の企業にも迷惑をかけてしまうケースもあります。

そのため、管理職は退職代行をうまく活用し、円満退社を目指しましょう。

まとめ 降格する人の特徴を解説|実は特徴は1個だけ!当てはまる人は要注意

「降格する人の特徴を解説|実は特徴は1個だけ!当てはまる人は要注意」を解説しました。

降格する特徴は、他責思考の人という事で間違いありません。

あなたの周りにの上司にも他責思考の人がいるかもしれませんね。

他責思考の上司のキャリアに前途が明るいかどうかは、想像に難しくないと思います。

あなたが自分のキャリアをどう描くのかは、あなたの将来に対しての選択次第で、いつでも変更可能です。

ぜひ「降格する人の特徴」から外れたキャリデザインを描いてください。

降格する人の特徴を解説」まとめ

  • 降格する人は特徴があり、多くの場合「他責思考の人」の場合は要注意である。
  • 管理職が降格する場合は、素直に降格するか転職する選択肢がある。
  • 管理職が転職する場合は転職エージェントを活用すべき

転職エージェントについて仕組みを確認しておきたい方は、関連記事を読んでみて下さい。

現代ビジネスマンは転職が当たり前になりましたが、むしろ転職は【すべき】必要な行為となっています。

転職の必要性と人生を豊かにするカギであることを関連記事で解説しています。

ぜひ、参考にして下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる