MENU

【採用担当語る】40代の転職は厳しい?私が中高年を採用する理由と成功例を解説

「40代の転職は厳しいから、今の仕事は不満だけど我慢して続けよう・・・」

そんな不満や悩みを感じながら仕事をしていませんか?

今の仕事に不満を持ちながら仕事をしていると、毎日の仕事がとてもストレスが溜まってしまいます。

確かに、一般的には40代の転職は厳しく、難しい転職活動になると言われています。

しかし、そんなステレオタイプな物事の考え方は捨てちゃいましょう!

私は10年以上、営業会社の管理職を務めつつ、従業員の採用担当をしています。

今まで100人以上の社員を採用してきました。

40代に限らず、中高年には中高年のストロングポイントがあります!

40代の方でも、自分自身のストロングポイントを理解した上でアピールされる方は、積極的に採用しています。

でも、転職活動をしている40代の方は、自分自身のキャリアを過小評価しています!

この記事では、40代の転職でも自分のキャリアをしっかりアピールできれば、十分に転職は可能だという事を解説しちゃいます!!

もちろん、私が中高年を積極的に採用している理由と成功例も語りたいと思います。

年齢を理由に転職を諦め、毎日ストレスだらけの仕事をしている方は必見ですよ🎵

この記事を読む効果

  • 40代でも転職できる希望が持てる
  • 自らのキャリアに自信が持てるようになる
  • 毎日の仕事のストレスが減る

「転職は難しい」と考えて我慢するストレスが無くなれば、今の仕事も前向きに従事することができると思います。

「いつでも転職できるんだ!」と思えるゆとりは、とっても大きいものですよ🎵

この記事を読むべき人

  • 40代のビジネスパーソン
  • 現在の仕事のキャリデザインに悩んでいる人
  • 年齢を理由に転職を諦めている人

一番もったいないのは、『年齢を理由に転職を諦めている人』です。

40代でも50代でも、中高年には若い社員には持ち合わせていないストロングポイントがあります。

ぜひ最後まで読んで、前向きに自分のキャリデザインを描くきっかけをつかんで下さい。

読み終わったころには、きっとワクワクした気持ちになっていると思いますよ🎵

目次

40代の転職が厳しいと言われる理由|採用担当が本音を語る

40代の転職が厳しいと言われる理由の画像

40代の転職が厳しいと言われる理由を解説したいと思います。

もちろん、採用担当の立場から本音で語りたいと思います。

40代を含め、中高年の転職が厳しいと言われる理由は、以下の3点が大きな理由です。

  • 定年退職するまでの年数が短く育成に時間をかける価値がない
  • 年齢が高くなると新しい知識を覚えることが難しくなる
  • 同じ条件なら年齢が若い求職者を採用した方が成長が期待できる

職種や業種によって多少の差はあっても、40代など中高年の転職が厳しい理由は上記のような理由になるはずです。

やや辛辣な文章になっていることはご容赦下さい💦

しかし、採用担当の忖度のない本音の意見です。

あなたが40代の転職希望者であるならば、上記のような厳しい状況を打開し、採用を勝ち取る必要があります。

でも安心して下さい。

状況や条件が事前にわかっていれば、対策も対応も簡単にできるはずです。

要は、上記のような条件に該当しないアピールをすれば良いだけです!

打開策は次の章から解説しますので、ゆっくり読み進めて下さいね。

>>>【関連記事】転職のデメリットを知れば後悔はしない!転職デメリットを打ち消せ!

40代のビジネスパーソンのストロングポイント|採用担当の目線で語る

40代のビジネスパーソンのストロングポイントの画像

40代のビジネスパーソンのストロングポイントを、採用担当の目線で語りたいと思います。

ちなみに、男性女性という性別の違いは関係ありません。

しっかりとストロングポイントを理解していることで、自分自身のアピールポイントとして使えるため、飛ばさず読むことをお勧めします。

40代のビジネスパーソンは『経験』が強み!貴方だけの唯一無二の強みを活かせ!

40代のビジネスパーソンの最大のストロングポイントは、言わずと知れた『経験』です。

キャリアとして積み上げた『経験』はあなたにしか備わっていない、特別なストロングポイントです。

もちろん、若手求職者の方には一切備わっていないため、比較してもらった方が有利になること間違いなしです。

あなたが仕事を続けてきた経験には、楽しい経験も辛い経験もあったと思います。

そのすべてが、あなたのストロングポイントになります。

あなたが積み上げてきた、唯一無二の経験をしっかり把握しておきましょう。

私が面接官をしている時にもったいないと思うのは、過去の仕事の経験を上手く説明できていない方が多いことです。

楽しかった思い出や辛かった思い出、今のキャリアに活かされている経験などは把握しておきましょう。

できれば、面接の時に提出する職務経歴書の中に、一言だけでも「感情がこもった文章」を追加しましょう。

面接の時に話題のきっかけになることは間違いありません。

>>>【関連記事】中高年こそ前向きに転職しよう!まだ人生は折り返し♪貴方の価値は無限大

中高年は『即戦力』!入社直後から貢献できるスピード感を活かせ!

前項の「経験」によるものですが、40代の中高年は『即戦力』として働けることは大きなストロングポイントです。

在職中の方は自分が『即戦力』として価値があることの自覚は少ないと思います。

だって、『即戦力』として働くことが当たり前だから!

自分が当たり前のことをしていることの価値は、中々自覚は難しいものです。

しかし、転職先の企業にとっては育成や研修に長い時間を掛けず、即戦力として働いてくれることは大変ありがたいことです。

一人前の社員を育成するには、時間も経費も多くかかってしまいます。

その人材育成に掛かるコストが必要無いのが、40代の中高年を採用するメリットになります。

私が採用担当する際も、『即戦力』として活躍してもらえるかどうかは、とても大きな判断材料になります。

最近はコロナウイルスの影響で、リモートワークや業務形態を行っている企業も多いはずです。

転職先の企業にとって、自社の専門的な事業にも『即戦力』として活躍できるかどうかが重要な判断基準になります。

様々な働き方が増えた現代だからこそ、40代の中高年でも即戦力として活躍できるフィールドも増えています。

あなたは自分が自覚していないだけで『即戦力』なのです!

>>>【関連記事】転職の必要性は人生を豊かにするカギ!転職が当たり前の時代の生き方

今までのキャリアが若手社員の『見本』になる!生きた教科書になれる

40代のビジネスパーソンは、いままでのキャリアが若手社員の『見本』になれます。

まさに、生きた教科書となれることが強みです。

むしろ、『見本』となって生きた教科書となるような、キャリアを積み上げていなければいけないという意味でもあります。

ただし、素晴らしい結果を残していなければ『見本』になれないわけではありません。

仕事に取り組みむ姿勢や正確性、コミュニケーションスキルなど『見本』となる資質があれば問題ありません。

『即戦力』同様、人材を育成することには、大きなコストが発生します。

人材育成において、社内に『見本』となるような人材がいることは、とても大きな財産になります。

もちろん、『見本』となるべき人材は多いに越したことはありません。

「自分は『見本』になれるような人材じゃないから」と謙遜する方もいらっしゃいますが、決してそんなことはありませんよ。

『経験』同様、長く仕事をしてきた貴方のキャリアは、そのまま生きた教科書として『見本』となります。

それだけ、あなたが重ねてきた経験という時間は価値があるものです。

>>>【関連記事】【熟年ビジネスマン必見】45歳定年制が導き出すサラリーマンのキャリアデザイン

40代の求職者が避けて通れないデメリット|採用担当が懸念するポイントを説明

40代の求職者が避けて通れないデメリットの画像

40代の転職が厳しく難しくなっている事実は変わりません。

10年以上、社員の採用担当をしてきた経験から、40代の求職者が避けて通れない『デメリット』を解説します。

「わざわざ指摘されなくても理解してるよ!」と怒られてしまうかもしれませんが、敵を知り己を知れば何とやらです。

『デメリット』をしっかり理解しておくことで、次の章の『成功例』につながっていきます。

40代は成長するための時間は短く投資する価値がない|他の求職者と比べて見送る

40代の求職者の一番のデメリットになることは、当たり前ですが『年齢』です。

『年齢』が高いことは、成長するための時間が短いことでもあり、実際問題として雇用し続けたとしても20年弱となるため、人材として投資する価値がないことが現実的な『デメリット』です。

当然、転職活動においては他にも選考されている方(ライバル)がいらっしゃると思います。

同じぐらいのキャリアや実績がある複数の求職者がいた場合、年齢が高いという事はそれだけで『デメリット』になります。

こればかりは、年齢を偽ることはできないため”解消”することはできません。

しかし、”対処”することはできます。

詳しくは次の章で説明しますが、『成長する必要がない場所(会社)を選べば良い』だけです。

>>>【関連記事】管理職になれない中高年とは|解決策は3個!100年時代のキャリデザイン

考え方に柔軟性がなく新しい会社に馴染めない|経験がある方ほどプライドが高い傾向

40代ともなれば、様々な社会経験を積んできているはずです。

その経験が邪魔をして、考え方に柔軟性がない中高年の方は多くいらっしゃいます。

簡単に言うと、『頭が固い』40代のビジネスパーソンが多いという事です。

自分のことは良く分からなくても、あなたの周りにも『頭が固い』中高年の方がいませんか?

恐らく、1人や2人はいるはずです。

当然、応募先の企業にも『頭が固い』従業員もいるはずですので、あなたも同様に『頭が固い求職者』というレッテルが貼られているはずです。

これも避けようがない、40代のビジネスパーソンの『デメリット』で間違いありません。

『頭が固い求職者』というレッテルを剝がすには、応募の際の履歴書と職務経歴書、面接時のアピールで対処するしかありません。

具体的な方法としては、最近新しく始めた趣味や新しくチャレンジしたことをアピールすることです。

例えば、、、

  • 新しく英会話を習い始めた
  • 全く使っていなかったSNSを使い始めた
  • スポーツジムに通い始めた
  • パソコンを習い始めた
  • 資格の勉強を始めた(資格を取った)

面接の時にアピールするだけではなく、履歴書や職務経歴書にもさりげなく記載することで書類選考で振るいに掛けられることを防ぎつつ、面接の時にしっかり伝えることができます。

『頭が固い求職者』というイメージはレッテルでしかないため、計画的にレッテルを剥がしていきましょう。

40代のビジネスパーソンの転職の成功例とは|即戦力で活躍できる会社

40代のビジネスパーソンの転職の成功例の画像

40代のビジネスパーソンの転職の成功例は、即戦力で働ける会社です。

当然ながら、他業種や全くキャリアの延長線上にない会社を転職先に選んではいけません。

「心機一転!全く新しい会社で自分の可能性に賭けてみたい!」

そんな気持ちもあるかもしれませんが、40代のビジネスパーソンの転職としては、かなりハイリスクな選択と言えます。

思い出していただきたいのが、40代の中高年のメリットとデメリットです。

40代の中高年のメリット

  • 社会人としての経験
  • 働き盛りとしての即戦力
  • 豊かな人生経験の見本

40代の中高年のデメリット

  • 人材育成かける時間がない
  • 考え方に柔軟性がない
  • 頭が固い求職者というイメージ

即戦力で働ける会社であれば、当然ですが今までのキャリアと経験が生かせるため、元々育成される必要もありません。

また、自分が即戦力として活躍できる場所ならば、若手社員の見本となることも可能ですよね?

『考え方に柔軟性がない』と『頭が固い求職者というイメージ』の二つは、履歴書と職務経歴書と面接でカバーします。

全く新しい業種を転職先に選んだ場合、『考え方に柔軟性がない』と『頭が固い求職者というイメージ』を払拭することだけでも、一苦労なのにもかかわらず、メリットは1個も生かせない転職活動となってしまいます。

40代の中高年の転職先としては、『即戦力として働ける会社』が成功例となります。

これは、私の採用担当としての結論でもあり、転職関係の広告代理店や転職エージェントの担当者とのミーティングでも同様の結論になっています。

要は、私の会社だけではなく、広く一般的な40代の中高年の採用基準になっているという事です。

未経験の全く新しい業種で転職が決まる時は、採用する側の企業がリスクを取ってチャレンジしているだけです。

応募者側が選択する余地はありません。

何度も言いますが、40代の中高年の転職先は『即戦力として働ける会社』です。

>>>【関連記事】【悲報】40代男性会社員の平均小遣いは?足りないなら増やそう♪

まとめ 【採用担当語る】40代の転職は厳しい?私が中高年を採用する理由と成功例を解説

「【採用担当語る】40代の転職は厳しい?私が中高年を採用する理由と成功例を解説」しました。

「40代の転職は厳しい」・「中高年の転職は難しい」・「年収が下がるのは当たり前」・「むしろ我慢して仕事を続けるべき」そんな意見がインターネットの世界には溢れています。

確かに決して「40代の転職が楽」ではないと思います。

しかし、皆さんが学生の頃、新卒として採用されるための就職活動の時は、簡単に就職先が決まりましたか?

履歴書の書き方や面接の練習を何回も繰り返し、何社も何十社にも履歴書を送り、1年かけて内定を勝ち取りませんでしたか?

それでけ仕事を得るという事は難しく、尊く価値のあることの証明です。

でも40代の転職では、今までのキャリアとを生かし、デメリットを補うことによって活路が見出すことができます。

豊かな人生を送るために、しっかり計画と戦略を立てて転職活動にのぞみましょう!

今回の記事のまとめ

  • 40代の転職が厳しい理由は「働ける年数が少ない」・「成長が遅い(できない)」・「同条件なら若い社員を選ぶ」
  • 40代のストロングポイントは「仕事の経験」・「即戦力としての実力」・「若い社員の見本」
  • 40代の転職先は「即戦力として活躍できる会社」一択

「即戦力として活躍できる会社」が応募する会社だとしても、あなたのキャリアが一番生かせる会社を探すことは意外と大変です。

特に在職中に転職先を探そうと考えている方は、現実的には難しいと言わざる得ません。

在職中に転職活動を行うなら、転職エージェントに登録して、転職のプロに転職先を見繕ってもらうことが効果的です。

まさか、職業安定所で仕事を探そうとはしていませんよね??

職業安定所は求人広告の掲載は無料なので、真剣に募集をしていない会社もたくさんあります。

しかし、転職エージェントに登録している企業はコストを払い、人材を募集しているため採用に対して本気度が違います。

更に、転職エージェントに登録して利用するコストや費用は企業が負担しますので、あなたは一切無料で利用することが可能です

まずは大手の転職エージェント2社に登録して転職活動の準備を始めましょう。

欲張って何社も登録しちゃうと、把握しきれなくなる可能性がありますので、最初は2社登録しつつ、希望に沿う会社が無ければ登録する転職エージェントを増やすようにしましょう。

間違いなく登録する価値がある転職エージェントはこちら ↓

転職エージェントについて詳しく知りたい方は、下の関連記事を確認して下さい。

>>>転職エージェントの仕組みを徹底解説|なぜ登録料や利用料が無料なの?

転職について、もっとたくさんの意見や考え方を知りたい方は、下の関連記事を読んでみて下さい。

きっと前向きに転職する希望が見つかると思いますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる