個人事業主は法人携帯にすれば家族全員の携帯料金を経費で落とせる!

個人事業主になるメリットの一つって事業に必要な出費を経費で落とせることですよね??

接待交際費や贈答品、自宅兼事務所なら面積に対して事業で使用している割合の家賃分を経費で落とす。

サラリーマンの憧れの「経費で落とす」ってヤツですね!

実は、事業で使っている携帯電話の料金も経費で落とすことができるんです!!

しかも、個人事業主なら家族全員の携帯電話の料金も経費で落とすこともできます!!!

今回は個人事業主の法人携帯を活用するメリットを紹介します。

この記事を読めば「家族全員の携帯電話料金の悩み」が解消されます!

この記事を読む価値

  • 個人事業主が法人携帯を利用する価値が分かる
  • 家族全員の携帯電話料金を経費で落とす方法が分かる
  • 家族全員の携帯電話料金が0円になる(経費になるから)

しかし、悪いお話ですが、この法人携帯のお得な使い方は【法人】に該当する方だけです。

普通のサラリーマンの方や学生さんなど、【法人】に該当しない方は残念ながら法人携帯は使うことができません。

そのため、この記事を読むべき人は、、、

  • 法人として会社を経営している人
  • 個人事業主として事業を営んでいる人
  • 青色申告をしている人

該当しないと思いがちですが、青色申告している人も【法人】として申請可能です。

条件は厳しくなりますが、副業している人も青色申告していれば【法人】として認められます。

【法人】という条件がありますが、条件があるからこそ、普通の個人契約よりもお得な契約プランになっています。

上記【法人】に該当する方は、大きなメリットになりますので、ぜひ最後まで記事を読んで下さいね♬

法人携帯の概要が良く分からない方は、関連記事から法人携帯の仕組みに目を通してみて下さいね。

>>>【関連記事】【2021年最新】法人携帯のおすすめ代理店を紹介|個人契約より絶対安い!

目次

法人携帯の料金プランはなぜ安い?

法人携帯の料金プランはなぜ安い?の画像

法人携帯の料金プランが安くなる理由を解説します。

結論的には、個人契約(普通の携帯ショップの契約)よりも料金を安くすることで差別化を図っているからです。

ちなみに、街の携帯ショップでは基本的に法人契約はできません。

これは、3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)共通です。

特に、ソフトバンクは法人携帯に力を入れており、代理店の開拓も積極的におこなっています。

代理店同士でも料金プランは一緒ですが、独自の特典(機種代の値下げ・事務手数料・ノベルティ)などに違いがあります。

おすすめの代理店については、関連記事から確認してください。

>>>【関連記事】【2021年最新】法人携帯のおすすめ代理店を紹介|個人契約より絶対安い!

個人事業主が法人携帯にする価値|家族全員が節約

個人事業主が法人携帯にする価値|家族全員が節約の画像

個人事業主が法人携帯にする価値を解説します。

冒頭で説明していますが、個人事業主が法人携帯にする価値は、個人契約と比べて料金プランが安いことと、携帯料金を経費で落とせることです。

詳しくは次章で解説します。

法人携帯の料金プランは個人契約よりも安い!

何回も記載しているのでお分かりだと思いますが、法人携帯の料金プランは個人契約よりも安くなるよう、設定されています。

しかし、街の携帯ショップでは取り扱いができないため、認知度も低く、法人にもかかわらず個人契約で料金を支払っている方もいるほどです。

法人契約の料金プランは、法人のみに許された特別プランだから、個人契約よりも安い料金プランになっています。

携帯料金を経費として落とせる!

個人事業主が法人契約の携帯電話を使う価値の二つ目は、携帯料金を経費として落とせることです。

実際には株式会社や有限会社でも、携帯料金を経費で落とすことはできますが、株式会社の場合は従業員の家族の携帯料金を事業に必要な料金とは言えませんよね?

正しくは、個人事業主でも家族が事業に関わっていなければ、経費として申請できませんが、事業の規模が小さくなるにつれて事業とプライベートの線引きが難しくなります。

結果、家賃の一部や通信費(インターネットなど)の一部などが経費として認められるようになります。

厳格にプライベートの使用分と事業分を分けたとすると、事業に使った料金分だけが経費として認められます。

しかし、法人携帯の場合はすべての料金が経費として認められます。

もちろん、機種代金も!

事業が収益を上げていることが大前提ですが、携帯代を全て経費として申請することができることで、能動的な税金対策ができることは間違いありません。

賢く税金対策するなら法人携帯を利用すべきですね!

ちなみに、工場などで3相3線式の動力を利用している人は、電子ブレーカーを利用することで基本料金が安くなる可能性があります。

見積もり・相談は無料ですので、動力を使っているなら、下の関連記事から内容を確認してい見て下さい。

>>>【関連記事】電子ブレーカーの節電効果を元販売員が解説!デメリットもしっかり説明

まとめ 個人事業主は法人携帯にすれば家族全員の携帯料金を経費で落とせる!

「個人事業主は法人携帯にすれば家族全員の携帯料金を経費で落とせる!」を解説しました。

いわゆる社用携帯電話は大企業の方が利用価値があると思われがちですが、実際には中小企業や個人事業主ほど活用すればするほど、価値が出てきます。

潤沢な資金がない中小企業・個人事業主ほど、賢く法人携帯を活用すべきです。

もちろん、副業しつつしっかりと青色申告している方は、法人携帯の利用は必須の税金対策ですよ🎵

お勧めの法人携帯の代理店を2社紹介しておきます。

各代理店の特徴を詳しく知りたい方は、下の関連記事から確認してい見て下さい♬

ペットボトルの水を買っているなら、ウォーターサーバーを利用すれば、水代も節約できますよ!

しかも、ただの節約では無くて、熱湯も冷水もでるので生活の質も向上すること間違いなし!

業界シェアNo1のプレミアムウォーターを解説した記事がありますので、ぜひ参考にして下さい♬

それでは、今日も1日、お疲れ様でした🎵


人材・教育ランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる