電子ブレーカーの節電効果を元販売員が解説!デメリットもしっかり説明

お疲れ様です。T@課長@Nya540720)です。

 

今回、わたしが自信を持ってお勧めする”電気代の節約ツール”を紹介します。

 

それは、一般的に電子ブレーカーと呼ばれている商品です。

 

わたしは以前、この電子ブレーカーの元販売員でした。その経験をもとに、メリット・デメリットを解説したいと思います。

 

元販売員だからこそ知っている裏話も満載です♪

 

ただし、この節電のサービスは企業向けですので、
一般のご家庭の方は、自分の勤める会社が該当するかどうか、参考程度に読んでください。

 

先にお伝えしておくと、このサービスは節電効果はものすごく大きいものの、
該当する会社の職種や電気の使い方で、該当するかどうか白黒ハッキリします。

 

さっそく、使い方で節電効果があるかどうかを分けると、

節電効果が高い:短い時間で高い負荷を断続的に電気の使い方
節電効果が低い:長い時間で高い負荷が一定でかかり続ける電気の使い方
具体的に節電効果が高い業種としては、
節電効果が高い:自動車整備・木工所・鉄工所・製材所・牛舎・豚舎・鶏舎など
節電効果が低い:飲食業・陶器製造業・事務所など
更に、条件があります。
条件① 3相3線式200V(動力)を使っていること
条件② 最低7kw以上の契約をしていること
条件を簡単にまとめると、
電気の使い方は? 高い負荷を断続的に使う 一定の負荷で長時間使う
電気の基本量は? 7kw以上 7Kw以下
電気の種類は? 3相3線式200V(動力) 100V
ちなみにお仕事はぁ? 工場関係 飲食関係
節電効果は? 可能性大! 可能性無!

 

実際には、作業中の電圧を測る必要がありますが、上記の表のような結果になります!

 

自営業されている方は、お仕事内容と比べて頂き、お勤めの方は職場を想像してみて下さい。

 

上記に該当する方は、検討のする価値大です。

まずは計測調査をご依頼ください!

 

【無料調査の相談はこちら↓】
>>>【電力料金削減はプロにお任せ!】無料相談はこちら

 

この記事を読むだけで、自分の会社が節電効果があるかどうかが分かります!

 

次の章から、具体的に何故電気代が節約できるのかを説明します。

 

電子ブレーカーの商品特徴をすでにご存知の方は、目次から読みたい記事を選んで下さい。

 

【外出先でのコロナウィルス対策ならオゾン発生器↓】

 

目次

電気ブレーカーの節電効果は?

節電ツールは理由付け!節電は電力会社がやってくれる!!

節電するためのキーパーツとして必要になるのが、”電子ブレーカー”という機械です。

 

みなさんのお家にも付いている、ブレーカーの頭のいい奴という認識でOKです。

 

ただ、この電子ブレーカーは一般の家庭用には適しておらず、

工場などの3相3線式200Vの電気、
通称動力を使っている場所で最大限の能力を発揮します。

三相3線式とは、三本の電線を使った配電方式。主にモータを動かす目的で利用される。

大型の機械を使うためには三相交流をフルに使う必要があるため、三相3線式が用いられます。

日常で使用されるモータで最もポピュラーなのが、三相誘導電動機と呼ばれるモータです。

モータを回転させる磁界を作り出すうえで、三相交流は非常に重要な役割を果たします。

工場などの町工場や整備工場などで活用されている電力で、低圧電力とも呼ばれます。
ちなみに、大型の工場や商業ビルは高圧電力と呼ばれる電気を使います。

 

また、得意分野が、

節電効果が高い:短い時間で高い負荷を断続的に電気の使い方
ということになりますが、その理由は、
ブレーカーを落とす強さの電気が流れても
一定の時間であれば、ブレーカーを落とさない!

という特徴があるからです。

新人君
新人君
【電気苦手】

それって、大丈夫なんですか?

むしろ、電子ブレーカーという”ブレーカーの頭のいい奴を使っている”から電力会社の申請が通るということが特徴です。

厳格に説明すると、電気契約の変更は通常のブレーカーでも変更はできますが、ブレーカーが遮断し過ぎて実用性はありません。

当然、電力会社の方にもおすすめされません。

ポイントは、
  • 電気料金の削減は電力会社が行うため、安心確実
  • 電力会社から電気契約の変更の許可を得るたことはできるが、実用性はない
  • 電子ブレーカーを使うことにより、電気料金の削減と実用性が伴う
  • 電子ブレーカー設置工事後の確認は、電力会社がチェックするため安心

 

□節電のポイント
『電子ブレーカー』+『電気契約の変更』=『電気料金の削減』

 

【無料見積もりならこちら↓】

>>>電力料金削減はプロにお任せ!電子ブレーカーで電力料金を賢くコストカット!

 

 

電子ブレーカーの特徴をもう少し詳しく説明【節電効果は?】

電子ブレーカーの特徴が、
一定の時間であれば、ブレーカーを落とす強さの電気が流れてもブレーカーを落とさない

というのは、説明しましたがもう少し補足で説明します。

電子ブレーカーは普通のブレーカー同様、基本となるアンペア数が決まっています。
そのアンペア数に応じて、超過できる電気の強さと超過できる時間が決まっています。
詳細は割愛しますが、イメージとしては
”縦軸と横軸で電圧の高さと通電時間”
 が決まっています。
その表を見れば誰でも、その電子ブレーカーが対応できる電力の幅が分かります。
その超過できる高さと時間はJIS規格で厳格に決まっています。

”縦軸と横軸で電圧の高さと通電時間”

 電子ブレーカー対応表(イメージ)

例:14kwの契約の場合
~49.9Aまでは無制限で超過OK
50A~79.9Aまでは1時間は超過OK
80A~239.9Aまでは1分59秒は超過OK

超過電力の%と超過時間は、
暫定の値になっています。
概要としてイメージして下さい。

【無料電力調査ならこちら↓】

電気契約の見直しで経費の削減へ

電気の契約は大きく分けて2つに分かれています。
従来の契約は『負荷設備契約』ですが、電子ブレーカーを使うことにより、
『主開閉器契約(ブレーカー契約)』に変更を電力会社に認めてもらうための申請を行います。

主開閉器契約(ブレーカー契約)

主開閉器契約とは、設備全体のモーター容量に拘らず、
メインブレーカー(主開閉器)の容量を
基本料金とする方法です。

負荷設備契約

設備のモーター容量の合計値により契約電力が決められてしまう
常時稼働していない設備分のコストも余分に掛かってしまう。

 

T@課長
T@課長

従来は設置してある機械のモータ(動力)を基に電気の基本料金を
設定するため、動かしていない機械の分まで基本料金を支払っていた。
それを、現実的に使う分の基本料金にするのが電気の見直しです!

 

 

□ポイント
電気契約の見直しにより、”実際に使う分の基本料金”のみの支払いにする
【無料見積もりならこちら↓】

実際の電気の使用状況を調査し実際の電力量で電力会社へ申請する

適切な電気の使用状況を調べて電力会社へ見直しの申請を行います。
調査のやり方
①機械を動かしていない待機電力のアンペアを調べる
②機械を1台ずつ動かし使用アンペアを調べる
③同時に動かす可能性がある機械を同時に動かし使用アンペアを調べる
基本的にはこの作業をどれだけ正確に行うかが大事です。
仮にトラブルが起きるとするならば、この調査の段階で適切な調査を行わず、
モータに記載されているアンペアで申請を行ってしまうと、ブレーカーが頻繁に落ちることになってしまいます。
□ポイント
事業主の方にご協力いただき、実際の稼働状況と一番忙しい機械の稼働状況で、
アンペア(電気の強さ)を測ることで、トラブルを防止することができます。
【無料見積もりならこちら↓】

電気代の削減率は機械の使用状況による【電子ブレーカーの節電効果】

一番気になるポイントは、”どれくらい安くなるのか?”だと思います。
結論は、”使い方による”ということになりますが、目安はお伝えします。
 『機械を全部同時に使わなければ、ほぼ100%安くなる』と言い切っていいと思います。
ただし、ブレーカーの使用料や工事代を相殺するぐらいの削減率がなければ、
意味がありませんので、その基準になるのが『最低7kw程度』です。
そして、ブレーカーの費用は削減率が高くなったとしても、その金額に比例して値段が高くなるわけではありません。

アンペア数が高ければ大きい電気まで対応できますが、低アンペアのブレーカーと比べ、若干値段が高いだけです。

電子ブレーカーの金額は、”削減に対しての成功報酬として〇%を受け取る”ことですので、
大きく削減したほうが事業主も喜びますが、販売店側の利益も多くなります。
 例えば、
「毎月5万円削減できますので、ブレーカー代として月3万円のリース契約をお願いします」というのが販売店側の提案になります。
□ポイント
ブレーカー費用は成功報酬のため、事業主側の金額的な負担はありません
【食品ロス対策ならこちら↓】

イメージが悪いのはなぜだ!?【元販売員が徹底解説】

イメージが悪いのはなぜだ!?【元販売員が徹底解説】
電子ブレーカーを使った電力の見直しは、怪しい節電の機械も使わず、電力会社の契約の見直しにより電気代が削減できます。
さらに、設置工事後に管轄の電力会社の職員が確認に来ますので、手抜き工事はもちろん法律に反するような行為は一切できません
しかし、現実には電子ブレーカーに対して、あまり良いイメージを持っていない事業主の方が多くいらっしゃいます。
考えられる原因は2つあります。
①20年程前、使用電力を抑え込む”節電器”と言われる違法電子機器と混同されている
②電子ブレーカーの販売店や営業マンの質が悪い
わたしの体感としては、
②電子ブレーカーの販売店や営業マンの質が悪いが市場やイメージを悪くしている大きな原因だと思います。
電子ブレーカーは優秀です。
 優秀だからこそ、だれでも効果的な提案ができるシステムがあります。
調査の結果、お客様にメリットが出なければ提案すらしない(できない)ため、
毎月数千円から数万円程度のメリットを『大きい!』と感じてもらうか
『少ない』と感じさせてしまうかが営業マンの腕の見せ所です。
しかし、質の悪い営業マンでも提案ができるシステムが確立しているため、
無理に契約を迫ったり、誇張した表現や作為的な言葉でお客様を困惑させてしまうため、
本来の商品の良さが伝わり切れず、悪いイメージばかりが残っている気がします。
どうすれば、悪い営業マンを避けることができるのでしょうか?
【無料見積もりならこちら↓】
【オフィスでも使えるゲーミングチェアを検討している方はこちら↓】

悪質営業マンを見分ける方法5つ【元販売員が解説】

調査の結果、ある程度のメリットが出ているという状況を前提としつつ、悪質営業マンを見分ける方法を紹介します。
  • 使用電力の調査にすべての機械を測っていない
  • 事業主以外の従業員の方には対応が悪い
  • 「電子ブレーカーを使わなければ契約の見直しはできない」と嘘の説明をする
  • 「現状の配線状況が違法だから電子ブレーカーを使う必要がある」と嘘の説明をする
  • 「検討したい」と伝えると態度が悪くなる
  
逆に、良い営業マンの見分け方も紹介します。
  • 約束の時間通りに来る
  • 従業員の方が忙しくしていても機械を同時に稼働してもらい調査を行う
  • 「検討したい」と伝えていも態度が変わらない(当然か)
  • 調査の結果にゆとりがある(過電流の上限ギリギリで設定しない)
T@課長
T@課長

商品は間違いありません。
悪い担当者にあたってしまうのは運もありますが、気に入らなければ、
担当者を変えてらうことも可能だと思います。

 

【90%の企業が受け取れる助成金申請はこちら↓】

 

電子ブレーカーを使うデメリット【元販売員が解説】

電子ブレーカーを使うことのデメリットもあります。
しっかり、メリットとデメリットを理解して、最適だと思う決断をしましょう。
  • キャンセル(クーリングオフ)できない(リース契約の場合)
  • 耐久年数は10年~15年
  • 競合が少なく価格破壊が起きにくい

 

一番注意していただきたい点が、”キャンセル(クーリングオフ)できない”ということです。

事業主の方はご存じだと思いますが、事業にかかわる商品をリース契約した場合は、キャンセルもクーリングオフもできません。
”騙された”・”正常な状態で契約できなかった”など、契約自体の正確性を根拠に法廷闘争まで
持ち込めば、結果は分かりませんが、原則リース絵契約はキャンセル不可になっています。
そのため、契約する前にしっかり節電効果と月々の支払の差額を見極め、
納得する金額差が生まれている場合に契約するようにしましょう。
【ほとんどの会社が受け取れる助成金申請ならこちら↓】

元販売員が語る おすすめ業種【電子ブレーカーの節電効果】

元販売員が語る おすすめ業種【電子ブレーカーの節電効果】
わたしの経験を基に、節電効果が高いと思われる業種や場所を紹介します。
※絶対に節電効果がでると確約しているわけではありません。
【節電効果が期待できる職種一覧】
自動車整備工場 ガソリンスタンド 木工所 木材加工所
製材所 建具店 鉄工所 石材所
畳製造所 法面工事業者 牛舎 豚舎
鶏舎 スクラップ工場(小) 洗車場 ビル(エレベーター)
【節電効果が高い機械】
溶接機械全般 洗車機(門型) 木材加工機械全般 製材機
石切断機全般 肥料撹拌機 畳製造機 エレベーター
鉄を曲げる機械 木を切る機械 圧縮する機械 溶接する機械
実際には調査しなければ断定はできませんが、溶接の機械や木材加工の機械があれば、間違いなく節約にはなります。
 また、ガソリンスタンドも洗車機が設置されてあれば、まず間違いなく節約はできます。
みなさんのお仕事では上記のような機械を使うことはありませんか?
もしご利用であれば、ぜひ無料の調査を受けてみて下さい。
【無料見積もりならこちら↓】

>>>電力料金削減はプロにお任せ!電子ブレーカーで電力料金を賢くコストカット!

 

まとめ 電子ブレーカーの節電効果を元販売員が解説!デメリットもしっかり説明

大企業と比べ中小企業の方が景気の回復が遅くなるのは、市場経済の流れとして変えることができません。
だからこそ、中小企業の事業主さんは経費の削減に気を付けていると思います。
仮に、調査料無料・初期費用無料・手出し費用無料・メンテナンスほぼ無し・電力会社の保証付き
固定はが削減できるとしたら、やらない手はないと思います。
 電子ブレーカーとはまさに、完全手出し費用無しで経費の削減ができるツールです。
ただし、調査の結果次第では、お客様にメリットを出すことができず、断られることもあると思います。
今なら、調査費用無料で見積もりを取ることができるため、積極的に検討してください。

【見積もり無料の問い合わせはこちら↓】

まとめ 電子ブレーカーの節電効果を元販売員が解説!デメリットもしっかり説明

まとめ 電子ブレーカーの節電効果を元販売員が解説!デメリットもしっかり説明

それでは、今日も1日、お疲れ様でした!
【電子ブレーカーのメリットもデメリットも解説♪無料査定はこちら↓】
 【トラックの売却を検討している方はこちら↓】
【ライブコマースで地元の生産者を助けたいと思う方はこちら↓】
それでは、今日も1日、お疲れ様でした!
電子ブレーカーって大丈夫? 節電効果は?費用は? 疑問は全て解決♪ (1)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる