店舗の修理には火災保険!代行業者を選べば申請の受理は85%以上!

お疲れ様です。T@課長(@Nya540720)です。

 

日本は地震が多い国と言われてますが、先日の大きな地震でお店や家具や、ショーケースが壊れるなどの被害がありませんでしたでしょうか?

 

震災といわれるような大きな地震が起きて被害を受けてしまうと、被害の対応に追われて火災保険の申請を忘れてしまいがちですよね?(思いつきませんよね)

 

実は、火災保険は適正な申請を行えば、ほぼ間違いなく見舞金が支払われる保険になっています!

 

ただし、被害の対応中に保険の申請も行うのは、正直に言えば面倒ですよね?

 

そんな面倒な申請のせいで、火災保険の申請率はとても低くなってます。

 

普段の生活の立て直しと、お店や店舗の修理などが一緒になると面倒な申請をしている心の余裕はありませんよね?

 

でも、今はその面倒な申請を代行してくれる会社もあるんですよ!

 

面倒な手続きも代行の実績に優れた会社に任せれば、安心して普段の生活に戻ることができます。

 

申請にかかる費用は、全て見舞金でまかなえるため、手出し費用は一切ありません。

 

この記事でお伝えしたいことは、

  • 火災保険の申請の手続きと流れを説明するよ!
  • 火災保険の申請代行会社の選び方はこれだよ!
  • 地震などの被害があったとしても心配しなくていいよ!
火災保険の申請は正当な権利です!
  • 家の屋根が壊れた!
  • 壁に亀裂が入った!
  • タンスが倒れて壊れた!
  • テレビが倒れて壊れた!
  • お店のシャッターが壊れた!
  • お店のショーケースが倒れた!
交通事故に遭遇した時は、保険の申請しますよね?
それと同じように、お店や家具に被害が出たときは、しっかり火災保険を申請しましょう♪
悩む君
悩む君

でも、申請方法が分からないし、代行業者の選び方も分からないよ!

 

というわけで、そんな皆さんの悩みを解決したいと思います。

 

難しい制度の説明は抜きにして、簡単に制度の概要を紹介しますので最後まで読んで下さい♪

目次

店舗の修理なら火災保険 -火災はいつ起きるか分からない-

普段から火を使っている飲食店だけではなく、火災はいつどこで起こるか分かりません。

 

だから、今住んでいる自宅でも火災保険には加入してますよね?

 

飲食店によっては頻繁に火を使うことになりますので、火災リスクが高くなりますし、仮に今の店舗では火を使わないとしても、近隣の店舗で火を使っている場合は、火災リスクは当然高くなります。

 

そのため、火災保険は飲食店に限らず、営業を行っているお店では、一般的な保険になっています。

 

火災保険の申請率はとても低い、でも申請すれば受理される可能性85%

有名PRサイトの『PRTIME』さんが、火災保険についてアンケート調査結果を公表されています。

 

大変興味深い内容のプレスリリースですので、今回参考にさせていただきました。

 

有名PRサイトの『PRTIME』サイトPV5,200万、国内シェアNo.1

PR TIMESサイト(prtimes.jp)のページビューは月間5,200万PV以上(2020.4)
日本国内で“最もよく閲覧されている”プレスリリースサイトに成長しています。

記者107名に聞いた「どのようなプレスリリース配信サイトが情報収集元として望ましいか?」と
調査した結果、「大企業、有名企業のリリースが豊富に配信されるサイト」が第1位になりました。

だからこそ、日本国内上場企業や、フォーチュン500のグローバル企業、
さらには今注目のスタートアップまで幅広く活用されています。詳しくはこちら。

調査概要
アンケート内容:火災保険の加入状況と保険金申請の経験に関するアンケート
調査:2020年9月~10月5日
調査対象:20歳~59歳の男女2405人(内訳:男性1070人・女性1335人)
調査エリア:全国
以下の情報は『PRTIME』様のHPより抜粋させていただきました(参考記事URL

■火災保険・共済に加入しているのは全体の53.2%

火災保険・共済に加入しているのは全体の53.2%

■加入期間中に実際に保険金申請をした人の割合は15.3%だけ

加入期間中に実際に保険金申請をした人の割合は15.3%だけ

■保険金申請で最も多い申請内容は「風災」、2番目が「火災」

保険金申請で最も多い申請内容は「風災」、2番目が「火災」

■保険金申請の94.4%が保険金申請に通過している実績あり

保険金申請の94.4%が保険金申請に通過している実績あり

 

火災保険のアンケートまとめ【代行業者を選べば受理される可能性85%!】

  • 火災保険は約半数の方が加入している
  • 火災保険を申請した方は15%しかいない
  • 火災保険で最も多い申請理由は「風災」
  • 火災保険を申請すると95%は受理される

 

 

【家庭でできる在庫ロス掲示板の公式HPはこちら↓】

店舗の修理に火災保険を申請するなら『店舗保険申請サポート』

店舗保険申請サポートとは?

店舗総合保険加入者様を対象に建築のプロ、
保険のプロが店舗調査を行い、保険会社へ
損害申請をサポートさせて頂くサービスです。

所有物件はもちろん、賃貸物件でも申請対象ですので、
定期的に調査することをオススメします。

店舗の修理に火災保険を申請するなら『店舗保険申請サポート』

【店舗の火災保険の申請ならこちら↓】

保険の適用範囲の説明 -代行業者なら適切に申請してくれます-

保険の適用範囲の説明 ”代行業者なら適切に申請してくれます”

保険の適用範囲の説明 ”代行業者なら適切に申請してくれます”

保険の適用範囲の説明 ”代行業者なら適切に申請してくれます”

保険の適用範囲の説明 ”代行業者なら適切に申請してくれます”

保険の適用範囲の説明 ”代行業者なら適切に申請してくれます”

保険の適用範囲の説明 ”代行業者なら適切に申請してくれます”

保険の適用範囲の説明 ”代行業者なら適切に申請してくれます”

保険の適用範囲の説明 ”代行業者なら適切に申請してくれます”

 

 

店舗総合保険は店舗内のみではなく、看板やシャッターなど店舗の外まで保証対象

店舗型保険申請サポートの調査を導入するメリット

初期費用ゼロ、完全成功報酬

見舞金を受給できない場合は調査、サポート費用は一切かかりません。
見舞金が下りた場合のみ、調査会社より見舞金額の税込40%をご請求させて頂きます。

見舞金の使用用途は自由

見舞金は使途が自由であり、修繕義務はありません。
修繕をご希望される場合は弊社でも工事のお引き受けをさせていただきます。

見舞金は非課税

個人所有、管理組合は見舞金の課税対象外であり、税金の心配は必要ありません。
法人の場合は雑収入となります。

保険料は上がりません

店舗総合保険には自動車保険のような等級制度がないため、
見舞金を受給した後に保険料が上がることはありません。

支払いが迅速

店舗調査、保険会社への申請後、平均1ヶ月ほどでお客様の指定口座に見舞金が振り込まれます。

何度でも申請可能

見舞金を受給しても新たな被害(72時間以降に)が生じれば請求が可能です。

 火災保険は適切な内容で申請すれば、ほぼ間違いなく受理される保険です。
しかし、やや専門的な内容もあるため、面倒な手続きを回避したい方は代行業者に任せることが、生活と本業のバランスを失わないポイントになると思いますよ♪
【店舗の火災保険の申請ならこちら↓】

>>>「店舗保険申請サポート」なら店舗の修理が火災保険でまかなえる!

まとめ 店舗の修理には火災保険!代行業者を選べば申請の受理は85%以上!

地震が多い日本に住んでいる以上、火災保険の重要性が下がることはありません。

 

でも、火災保険の申請をしたことある人は少なく、せっかく払っている保険料が無駄になっていませんか?

 

不正な申請を行ってトラブルになっている代行業者もあるようです。

 

信用できる代行業者から無料診断を受け、お店や自宅の修繕箇所の修理費用に充てて下さいね♪

 

【店舗保険申請サポートの公式HPはこちら↓】

>>>修理箇所の無料見積もり・ご相談なら「店舗保険サポート」が安心代行はこちら♪

 

【自宅の火災保険の申請ならこちら↓】

>>>地震が発生したら壊れた場所を写真に撮ろう!火災保険で補修費用を補填【代行業者】

 

店舗保険サポート【公式HPはこちら↓】

店舗の修理なら火災保険♪安心できる代行業者を選べば85%で受理される

 

それでは、今日も1日、お疲れ様でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる