正当な権利として貰えるお金の助成金申請!雇用保険加入なら即申請

お疲れ様です。T@課長(@Nya540720)です。

 

コロナ禍の影響により、収益が難しくなった企業も多いと思います。

 

でも、日本は社会保障が手厚い国ですよね?

 

実は、

売上が減り従業員の給料も払えなくなった(なりそう)な
企業には助成金を申請することによって、受給することができます。

 

でも、ご存じない方がほとんどで、受給要件を満たしているにもかかわらず、
94%の企業が助成金を申請していません(助成金の申請:株式会社excell調べ)

 

基本的には、雇用保険に加入してい企業なら全ての会社が助成金受給できる可能性があります!

 

1社平均300万円の助成金受給実績があります(最高1,500万)

 

  • 「会社の売上が減ってしまって大変だぁ~」と嘆いている社長さん
  • 「銀行からの借り入れももう無理だぁ~」と困っている専務さん
  • 「従業員の給料の支払いが難しいかも~」と心配な総務さん
  • 「ってか、会社は今こそ社員に還元すべきだろっ!」とお怒りの社員さん
そんな方は、ぜひこの記事を読んで、助成金の申請を行ってください(検討ではないですよ♪)
  • どんな助成金が受給条件を満たしているか?
  • どれくらいの金額が受給できるのか?
  • 申請方法は代行してもらえるか?
 
まずは、相談無料ですので、問い合わせからスタートして下さいね♪
【公式HPはこちら↓】

>>>【無料相談】返済の要らない厚生労働省管轄の助成金が1社平均300万円受給可能です!

助成金申請の概要は、次の章から説明しますので、イメージだけ把握をしておきましょう♪
 【食品ロスを抑えたいと考えている方はこちら↓】
目次

正当な権利として貰えるお金 -厚生労働省管轄助成金支援事業-

厚生労働省管轄助成金支援事業について【助成金申請は代行会社にお任せ♪】

matchは中小企業に特化した国内No.1の
助成金コンサルティングサービスで、
月間100社以上の事業主様にご利用頂いております。

キャリアアップ助成金をはじめ、対象の事業主が受給できる助成金を診断し、
申請サポートまで行います。
(申請は全国60所のグループ社労士が行います。)

 

 

厚生労働省のHPにも助成金の申請を促すサイトがたくさんあります(厚生労働省

 

助成金申請は条件が合えばどの企業でも正当な権利として貰えるお金

助成金は条件が合えばどの企業でも貰えます【無料相談で聞いてみよう♪】

 

助成金は条件が合えばどの企業でも貰えますが、実際に受け取るべきは中小企業です。

中小企業に助成金を受給していただき、日本の企業を元気にすることが我々の使命です。

財源は雇用保険です。

雇用保険を払っている企業であるのに、一度も助成金を受給していないのは、はっきり言って損をしています。

 

助成金の一例【正当な権利として貰えるお金は助成金申請】

助成金の一例【金額は無料相談で聞いてみよう♪】

 

厚生労働省の助成金は、返済不要・使い方も自由で、受給条件を満たせば99%受給出来るものです。

従業員が2名ほどの企業でも300万円ほど受給出来ます。

未受給の企業が多く、せっかく払った雇用保険料が無駄になっています。

 

助成金受給対象となる条件は4個

厚生労働省の受給対象になるには、4個の条件を満たしていることが重要です。

 

従業員を1名以上雇用している

雇用保険、社会保険を払っている
※社員数5名未満の個人事業主は雇用保険のみでOK

会社都合の解雇を半年以内にしていない
残業代未払等、労働違反を犯していない

 

上記条件を満たせば、受給条件は原則受給可能です!!

 

条件がたったこれだけなので、殆どの企業が受給できる資格があるのです(あなたの会社も)

 

助成金は補助金とは違い採択率はないため、条件さえ揃っていれば原則受給できます。

 

厚生労働省管轄の助成金はなぜ申請されないのか?助成金申請は代行会社にお任せ

厚生労働省管轄の助成金の財源は雇用保険です。

労働環境を整えるために用意された助成金も「申請の仕方がわからない」「難しいのでは」と申請されたことがない方も多いのではないでしょうか。

 

雇用保険が財源なので雇用保険に加入した従業員が1名でもいれば受給可能ですが、なんと、94%の企業は申請をしていないそうです。

 

助成金は補助金と違い、申請要件を満たせば受け取れます。勿論返済不要です。

助成金は細かいものも合わせると毎年数百から千単位で新しく発表されますが、助成金の専門ではないため、社労士、税理士さんでは対応しきれないことが多い様です。

できたとしても数ある中から1.2種類と聞くことが多く、社長の負担も労働局に足を運んだりと大変な思いをするでしょう。

更に専門外の対応のため報酬が高いと聞きます。

 

こういった事情が、申請率6%(未申請94%)という実態となっているのです。

原則受給できるうえに、申請の手間はこちらで負担し、報酬も安く、多くの種類の助成金申請が可能です。

 

更に毎年適用する新たな助成金があった場合は、追加対応もしてくれる。

こんなサービスがあったら如何でしょうか。

公式HPより抜粋

 

何を申請するか?は誰にご依頼いただくか?=代行業者によって得意分野が違う

何を申請するか?は誰にご依頼いただくか?です【公式HPより】

 

【火災保険の申請ならこちら↓】

>>>店舗の修理なら火災保険♪しっかり代行業者を選べば受理される可能性85%以上!

 

今、助成金申請を検討するメリットは?【公式HPより】正当な権利

今助成金申請を検討するメリットは?【公式HPより】

 

【公式HPはこちら↓】

>>>返済の要らない厚生労働省管轄の助成金が1社平均300万円受給可能です!

 

まとめ 正当な権利としてもらえるお金は助成金申請!雇用保険加入なら即申請

コロナ禍の影響で売上確保どころか、社員の給料を確保することも厳しい経営の会社も多いのではないでしょうか?

 

個人が雇用保険で急場をしのぐように、企業も雇用保険を活用することも間違いではありません。

 

1社平均300万円/最高1500万円の助成金が受給できれば、売上の助けにはなりますよね?

 

この記事を読んだ方が全て経営者の方なら、みなさん助成金の申請されると思いますが、
社員の方がこの記事を読まれたならば、ぜひ経営者の方に教えてあげてください。

 

相談して申請することは無料です。

 

企業努力と同じように、コロナ禍では助成金を使ってでも利益を確保するべきだと思います。

 

こんな時だからこそ、積極的に助成金を申請しましょう!

 

【公式HPはこちら↓】

>>>返済の要らない厚生労働省管轄の助成金が1社平均300万円受給可能です!

 

【トラックの売買を考えているならこちら↓】

>>>中古トラックを高く売るなら専門の業者の「ランクス」海外輸出で買取強化中です♪

 

それでは、今日も1日、お疲れ様でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる