敷金礼金無しの落とし穴は?チェックポイント3選【ビレッジ・ハウス】

お疲れ様です。T@課長(@Nya540720)です。

 

引っ越しシーズン到来ですね!

 

進学・転勤・出張・介護などのためのセカンドハウスなど、
引っ越しの理由は様々だと思いますが、わくわくドキドキの新生活が始まることは間違いないですよね!

 

でも、新生活を始めるには何かと必要な物がありますので、お金がかかっちゃいます。

 

大金持ちの方は良いでしょうが、費用は少なければ少ないことに越したことは無いですよね?

 

引っ越しにかかる費用で大きいものは、家賃・引っ越し費用・敷金・礼金・更新料・手数料などですよね?

 

その費用の中で、

敷金0円・礼金0円・更新料0円・手数料0円
そんな不動産の賃貸があることはご存知ですか?
 しかも家賃は、
2万円~の業界最安値の低水準!
 しかも、今なら、
引越し費用3万円サポート+フリーレント1ヶ月
 そんな夢のような不動産会社があるんです♪
  • 「安く引越ししたいなぁ~」
  • 「敷金・礼金・更新料なんか払いたくないなぁ~」
  • 「給料が安いから、出費は少なくしたい!」

 

そんな人は、必見です!
メリット・デメリット両方を紹介しますので、ぜひ最後まで読んで下さい♪
 【断捨離したいと思っている方はこちら↓】
目次

敷金礼金なし!手数料・更新料も全て無料!ビレッジ・ハウスで部屋探し

家賃2万円台で敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!ビレッジ・ハウス
公式HPより
ビレッジ・ハウスの特徴は、
・家賃や初期費用が圧倒的に安い
・リノベーションに力を入れている
・入居者審査がゆるい
・敷金礼金なし手数料・更新料も無料

コストパフォーマンスに絶対的な強みを持っている不動産会社です。
古い物件をリノベーションして、新しく貸し出していることをビジネスモデルにしています。

 

 企業情報
会社名        ビレッジハウス・マネジメント株式会社

設立年月日      2016年12月21日

主な事業内容     不動産賃貸業/低家賃マンションシリーズ「ビレッジハウス」の管理・運営

マネジメントチーム  共同経営責任者 岩元 龍彦
共同経営責任者 工藤 健亮

従業員数       1,034名(2020年11月10日現在)
免許番号       東京都知事(1)第100758号
加盟団体       公益社団法人東京都宅地建物取引業協会会員

 【公式HPはこちら↓】

>>>敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!ビレッジ・ハウスなら業界最安値♪

お得なキャンペーン・契約特典で3万円貰える!

ご契約いただいた方に

 

最大30,000円分 引越しサポート

 

家賃キャッシュバック&カーテン・シーリングライト合わせて最大30,000円分 サポート!
※本サポート対象外の物件もあります

お得なキャンペーン・契約特典で3万円貰える

公式HPより

 

お得なキャンペーン・契約特典で3万円貰える

公式HPより

特典1 ご契約物件の家賃をキャッシュバック

特典2 カーテン&ライト

賃料1ヶ月分(上限3万円まで)の金額を
初回の請求より差し引かせていただきます。

お得なキャンペーン・契約特典で3万円貰える

カーテンとシーリングライトをご契約者さま限定価格(5%0FF)で上限3万円までお選びいただけます。

お得なキャンペーン・契約特典で3万円貰える

 

【ビレッジ・ハウスの物件の問い合わせはこちら↓】

>>>敷金なし・礼金なし・更新料なし・全国47の都道府県に100,000室以上!

 

ビレッジ・ハウスの落とし穴3選「汚い」・「散らかってる」・「治安が悪い」

ビレッジ・ハウスの物件にはデメリットといえる落とし穴もあります。

”圧倒的に安い”ことをストロングポイントに見出しているサービスですので、
その分、金額に見合う落とし穴もありますので紹介します。

 

デメリットⅠ 築年数が古い物件が多いため「汚い」という意見も…

ビレッジハウスは2017年に旧雇用促進住宅を約10万戸買い取り、
リノベーションをして家賃や初期費用を低く設定している不動産会社です。

 

そのため築年数が古い建物が多く、排水溝や配管などリノベーションしにくい場所があることはデメリットです。

 

デメリットⅡ 共有部分が整理されていない・散らかっている

築年数が古いというだけではなく、ごみを出す共有部分が清掃されていないこともあるらしく、
ゴミが散らかっていたり、分別がされていないことがあるようです。

 

管理物件によりけりだと思いますが、「ビレッジハウスの物件は汚い」という口コミ評判もあるようです。

 

「治安が悪い」という口コミもあるようですが、
共有部分が整理されていないことが、治安が悪いような印象を与えているようです。

 

デメリットⅢ 短期解約違約金が高い

コスト面で大きなメリットがあるビレッジハウスですが、
そのコスト面において唯一のデメリットとなっているのが短期解約違約金です。

 

短期解約違約金とは、管理会社やオーナーが指定する期間内に解約(退去)した際に発生する違約金です。

1年未満の解約で家賃3ヶ月分   2年未満の解約で家賃2ヶ月分

 

【公式HPはこちら↓】

住まいが探せるビレッジハウスなら、欲しい暮らしがお手頃価格で始められます。手数料は一切不要

 

まとめ 敷金礼金無しの落とし穴は?チェックポイント3選【ビレッジ・ハウス版】

敷金・礼金・更新料・手数料全て0円ということは大変うれしいですよね?

 

2016年から始まったお得な不動産サービスだからこそ、まだまだ物件の数も多くありません。

 

とりあえず、住みたい地区にビレッジ・ハウスの物件があるか問い合わせしてみましょう♪

 

【敷金なし・礼金無し・更新料なしのビレッジハウスのHPはこちら↓】

>>>敷金なし・礼金なし・更新料なし・全国47の都道府県に100,000室以上!

 

【公式HPはこちら↓】

まとめ 敷金・礼金・更新料・手数料全て0円!更に契約特典で3万円もらえる

 

【賃貸の住み心地を発信して小遣い稼ぎ?全く新しいサービスに興味がある方はこちら↓】

>>>賃貸の住み心地を発信すると小遣いになる?住み心地の情報がお金に変わる

 

【断捨離したい奥様はこちら↓】

>>>断捨離したい奥様は【エコリング】2021年度版新しい不用品の売却

 

【不用品を売って小遣い稼ぎしたい方はこちら↓】

>>>断捨離で不用品を売ろう!全国対応の一括不用品見積りなら「おいくら」

それでは、今日も1日、お疲れ様でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる