転職のタイミングはポジティブな情報収集で考えよう♪分析してから転職

お疲れ様です。T@課長(@Nya540720)です。

 

転職するタイミングが踏ん切りがつかず、迷っている人いますよね?

 

転職は人生が変わる一大イベントですので、不安な気持ちになることは良く分かります。

 

しかし、転職はポジティブな気持ちで一歩を踏み出すことが大事です。

 

人生を変える一大イベントだからこそ、ポジティブな気持ちで転職したいですよね?

 

転職に対してポジティブな気持ちになれない原因を一つずつ削っていくことで、ポジティブな気持ちで人生を変えることができるようになります!

 

この記事を読んで、

  • 転職をポジティブな気持ちで考える価値
  • ポジティブな気持ちで転職を考える方法
  • 転職に対して不安になる原因
  • ポジティブな気持ちで転職するために必要なこと

 

転職に対してポジティブな気持ちでとらえていれば、いざという時にチャンスを逃がすことはなくなりますよ!

 

転職に対してポジティブな気持ちにならず、悩んでいる方は最後まで読んで下さい♪

 

目次

転職のタイミングをポジティブな気持ちで考える価値

転職のタイミングをポジティブな気持ちで考える価値

転職をポジティブな気持ちで考える価値は、転職のチャンスを逃さないことです。

 

転職自体をポジティブに考えていない人は、良い条件の求人があったとしても、迷っているうちにミスミス逃してしまいます。

 

根本的に終身雇用が崩壊した現代では、条件が良ければ積極的に転職すべきです。

 

でも、良い条件の求人は応募も多くなりますので、おのずと競争も激しくなります。

 

ということは、良い条件の転職は競い合って奪い合うことは、キャリアデザインの基本的な考え方として押さえておくべきです。

 

そのためには、基本的な考え方として、転職をポジティブに捉えておくことはマストです。

 

もちろん、だれでもポジティブな気持ちで転職を考えることは難しいと思いますので、ポジティブな気持ちで考える方法論も解説したいと思います。

 

【ライフデザインについてはこちら↓】

>>>ライフデザインとは人生の羅針盤!国民全員で今すぐ作成しよう!

 

 

ポジティブな気持ちで転職を考える方法

ポジティブな気持ちで転職を考える方法

転職をポジティブに考えるコツは、現状を把握して、先輩や上司の仕事ぶりや給料から自分の将来を想像することです。

 

想像した未来の自分と求人情報を比べ、転職がポジティブな決断なのかどうかを判断するクセをつけておけば、良い条件の求人を見逃すこともなくなります。

 

もちろん、経験則はポジティブな気持ちを育むはずです。

 

もしも仮に、転職よりも現状の勤めている会社の方が優れている場合は、無理に転職する必要はありませんので、それもポジティブな要因だと思います。

 

しかし、この記事を読んでいる方は、何らかの現状の会社に対して不満や将来に対しての不安があるからこそ、転職を検討されているはずです。

 

厳しい言い方になりますが、現状に不安や不満があるならば、転職に対してポジティブ捉えて、常に良い求人がないか探し続けるべきです。

 

【昇進すると凡人化するピーターの法則についてはこちら↓】

>>>ピーターの法則を打ち破るには自己投資のみ!現状に満足しない将来設計

 

転職が不安になる原因は情報収集が足りないこと

転職が不安になる原因は情報収集が足りないこと

転職が不安になる原因は、転職したあとの職場環境や人付き合い、求人内容と相違が無いかなど、確定している今と比べて不透明なことが多いことが、転職が不安になる原因だと思います。

 

現状から変化することに対して、不安や恐怖心を抱くことは生物として当然な感情です。

 

ホメオスタシスという言葉をご存知ですか?

ホメオスタシス(homeostasis)、日本語でいうところの恒常性とは、生物の体内環境(内部環境)を一定に保とうとする性質のことです。

英語での表記である「ホメオスタシス」は、古典ギリシャ語からつくられた造語で「homeo=同じ」+「stasis=状態」を組み合わせてつくられました。

 

ホメオスタシスという概念を生み出すきっかけになったのは、フランスの生理学者であるクロード・ベルナールが提唱した「内部環境の固定性」という考え方です。

ベルナールは、生物の体内は体液で満たされており、体外環境とは明確に区別されるという点に着目しました。

 

そして、「外部環境が変化しても、体液に満たされた内部環境は一定に維持される性質がある」という発想に至ったのです。

 

このベルナールの「内部環境の固定性」を発展させ、「ホメオスタシス」という名前を付けたのが、アメリカの生理学者ウォルター・B・.キャノン。

1932年の著書『人体の知恵』で発表されました。

 

生物はみんな環境を変化させることに、根本的に不快感を抱く生き物です。

 

だからこそ、現状に不安や不満があるならば、恐怖を振り払って別の環境にチャレンジすることに価値があります。

 

現状に愚痴や悪口を言って無駄な時間を浪費しているなら、環境を変えることが一番の改善策です。

 

現状を打破することは大きな力が必要になりますが、何もせず愚痴を言っているだけの人と比べれば、環境を変化させた貴方とは大きな違いを生み出すことは間違いありません。

 

転職に不安があったとしても、現状に不満があるならば、転職しましょう。

 

ポジティブな気持ちで転職するために必要なこと=適切な情報取集

ポジティブな気持ちで転職するために必要なこと=適切な情報取集

転職に対して不安を払拭することと通じるところですが、ポジティブな気持ちで転職するために必要なことは、自分自身ですべてを決断しないことです。

 

普段の仕事の合間に転職活動した場合、どうしても十分な準備ができずリサーチ不足になります。

 

その結果、転職に関して不安が払拭できず、ポジティブな気持ちで転職が難しくなります。

 

人生を左右する一大イベントだからこそ、準備やリサーチをおろそかにすることは致命的です。

 

限られた時間の中で最大限の結果を発揮しようとすれば、自分一人だけで全てを完璧に処理する転職活動は、はっきり言って無理です。

 

そんな転職活動だけに時間を費やせない人向けのサービスが、転職エージェントです。

 

転職エージェントを活用すれば、自分に合った求人を紹介してもらえたり、場合によっては自分では気づいていなかった特徴を生かした求人も紹介してもらえるなど、メリットはたくさんあります。

 

転職することに不安がぬぐえない方ほど、転職エージェントを活用すると、転職案件のリサーチや準備や相談など、安心して転職に臨めるようにフォローが充実しているためお勧めです。

 

【おすすめ転職エージェント】

 

まとめ 転職のタイミングはポジティブな情報収集で考えよう♪分析からの転職

転職のタイミングを正確に測ることは難しいですが、常に転職のチャンスを逃さないように、転職エージェントの担当者と連絡を取り合うことが大事です。

 

転職エージェントへの登録は無料ですので、自分のキャリデザインに応じて複数登録することがおすすめです。

 

年齢とキャリデザインを考慮して、2~3サイトに登録している人が多いと思います。

 

私も年齢とキャリアの変更に伴い、常時変更しながら2サイトに登録しています。

 

転職エージェントの担当さんから、コロナウィルスの影響により転職市場の状況の話が聞くことができますので、実は現職の仕事のマーケティングにも役立っています。

 

転職に対して不安を感じていて、タイミングが分からない方ほど、転職エージェントの登録することをお勧めします。

 

【おすすめ転職エージェント】

 

【転職を検討している方はこちら↓】

【転職の価値について悩んでいる方はこちら↓】

 

それでは、今日も1日、お疲れ様でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる