LINE公式はアカウント作成から運用代行まで専門の会社にお任せ♬

現代ビジネスにおいては、LINE公式アカウントは集客にも販売にも使える必須のツールになりましたね。

この記事を読んでいる人で、LINEを使っていない人はいないと思います。

そして、ユーザーとしてLINE公式を使ったことが無い人もいないと思います。

でも、LINE公式アカウントを作成して、運用している人は少ないのではないでしょうか?

なぜ、みんなが使っているビジネスの必須ツールという事は理解しているのに、自分でアカウント作成していないのでしょうか?

それは、LINE公式の運用が『メンドクサイから!』ですよね?

今回は、その『メンドクサイ!』を全て解消する画期的な方法を紹介します。

それは、『LINE公式をアカウント作成から運用までを代行してもらう』ことです。

『メンドクサイ!』ことを誰かに委託することで、収益を上げるための本来の仕事に集中することができるようになります。

あなたは毎日の仕事をこなしていくだけで、勝手にお客様のリピート率がグングン上がるスキームが勝手に出来上がります!

そう、『勝手に』! これが、【運用代行】の最大の魅力♬

もちろん、運用の方針の決定や運用の経過報告は毎月受け取るので、自分が理想とするLINE公式の運用ができますので安心して下さい。

餅は餅屋というように、得意な分野で能力を発揮すれば最高の結果になりますよ♬

この記事を読む効果

  • LINE公式アカウントの運用のノウハウが分かる
  • 運用代行を任せるメリットとデメリットが分かる
  • LINE公式アカウントの将来性が分かる

LINE公式の運用代行にはたくさんのメリットがありますが、この記事を読むことで更に詳しくLINE公式の使い方が分かります。

この記事を読むべき人

  • LINE公式アカウントの運用を考えている人
  • LINE公式アカウントを上手く運用できていない人
  • 運用と実務を分けて生産性を高めたい人

LINE公式アカウントの運用したことある人は実感がありますが、LINE公式はシステムの構築と運用に膨大な知識と労力が必要です。

しかし、運用代行を活用すれば、すべての問題が解決します!

ご自身の知識とスキルを考えて、LINE公式アカウントの代行を任せるか判断して下さいね♬

>>>【関連記事】【初心者必見】LINE公式アカウントの作成方法|承認済・未承認の違いも説明

目次

【基本】LINE公式はアカウントとは|現代ビジネスの必須ツール

LINE公式アカウントの画像
公式HPより抜粋

まずは、基本的な知識としてLINE公式アカウントについて簡単に解説します。

この記事を読んで入り人で、LINEについては知らない方はいらっしゃらないと思いますので、詳細は割愛しますが、LINEは日本全国で8,900万人が使っているメッセージアプリです。

10代から30代の男女では9割以上の方が活用されていて、60代以降でも6割以上の方が活用している国民的なアプリになっています。

もともとは単なるメッセージアプリでしたが、現在はゲーム・漫画・ニュース・音楽・金融・仕事・チケット予約など、
『さまざまな日常を快適な生活にする役立つアプリ』に発展しています。

ユーザーが8,900万人もいる生活に直結したアプリだからこそ、その膨大なユーザーをビジネスにも直結させるツールとして『LINE公式アカウント』も現代ビジネスの必須ツールになっています。

ユーザー数8,900万人と言えば、日本の人口の3分の2の人数に相当する数です。

日本の人口の3分の2があなたのお客様になれば、ビジネス成功間違いなしです♬

8,900万人のユーザーがあなたの商品やサービスを心待ちにしています!

LINE公式アカウントの運用代行とは|効率的なビジネスを展開

LINE公式アカウントの運用代行について解説します。

LINE公式アカウントの運用代行とは、文字通り、アカウントの作成から実際の運用までを他社に任せることです。

運用代行できる内容を下にまとめました。

運用代行できる内容

  • アカウントの作成
  • リッチメニューなどデザインの作成
  • 特別メッセージの作成/配信
  • 自動応答メッセージの作成
  • ギャラリーの作成(写真の追加は適時)
  • 配信クーポンの作成/配信
  • 友だち追加用ポップの作成
  • 運用状況報告レポートの作成/受領

要約すると、「LINE公式アカウントを運用するための全て」を任せるのが、運用代行です。

当然ですが、リッチメニュー(サイトのホーム画面)のデザインの希望、配信メッセージの文面はあなたの希望に沿って作成されますし、もちろん運用の途中で内容の変更も可能です。

はっきり言って、運用代行を任せれば、あなたは何もすることなく、「もっとお洒落で安くなるクーポンに変えたいなぁ」と思えば考え通りに運用会社に指示を出すだけで大丈夫です。

プロスポーツのゼネラルマネージャーのように、事前に計画を伝え結果をもとに修正の指示を出すイメージです

専門分野を分けることで、効率的にビジネスを展開できるようになるのがLINE公式アカウントの運用代行です。

あなたの仕事に負荷がかかることはありません(注意:お客様が増えて負荷がかかることはあります((笑顔))

LINE公式アカウントの運用代行のメリットとデメリット

LINE公式アカウントの運用代行のメリットとデメリットの画像

LINE公式アカウントの運用代行のメリットとデメリットを解説します。

基本的にはメリットばかりのLINE公式アカウントの運用代行ですが、運用の仕方によってはデメリットになることもあります。

しっかり内容を理解して、運用を任せるかの判断材料にしましょう。

LINE公式アカウントの運用代行のメリット

LINE公式アカウントの運用代行のメリットを解説します。

メリットばかりのLINE公式アカウントの運用代行ですので、記載する内容が重複するとこも多いですが、確認の意味も含めてしっかり確認して下さい。

  • アカウントの作成からリッチメニューの作成まで面倒な作業が必要ない
  • 運用開始するまでの準備に時間をかける必要がない(代行が用意する)
  • ビジネス(販売・サービス提供)に専念することができる
  • 専門家に集客を任せることで効率的なビジネス展開ができる
  • 他社の運用の成功事例を共有してもらえる
  • 自分の経営の理念に応じた運用を任せることができる

運用代行のメリットとは、LINE公式アカウントの専門家に運用を任せることで、あなたが経営に集中することができることです。

LINE公式アカウントの運用には専門知識が必要不可欠です。

ビジネスで扱う知識は、浅い知識では不安になりますよね?

浅い知識を補うには、相応の時間と労力が必要になります。もちろん、間違った知識で失敗は許されません。

しかし、運用を代行してもらえば、LINE公式アカウントの専門家に専門分野を任せることができます。

素人の自分が運用するより、大きな成果が上がることは間違いありません。

更に、すでにたくさんの会社の運用代行してきたノウハウがありますので、あなたの会社(お店)の適切な運用方法をレポートとして提供してもらえます。

個人事業主や副業としてビジネスしている場合、成功事例の共有ができないことがネックになります。

しかし、運用代行の場合は、複数の会社(お店)で培ったノウハウを手に入れることができます。

個人事業主のスピード感と、大企業並みのスケールメリットを同時に手に入れることができるという事です。

書ききれないぐらい、LINE公式アカウントの運用代行にはメリットがたくさんあります。

LINE公式アカウントの運用代行のデメリット

LINE公式アカウントの運用代行のデメリットを解説します。

メリット・デメリット両方を理解することで、より効果的な運用ができるようになります。

  • 運用代行会社に支払うコストが発生する
  • リッチメニューのデザインは複数から選ぶ(無限に選べるわけではない)
  • 代行を解除した場合はリッチメニューなどは解消される
  • 契約期間がある場合は解約金(残支払)が必要
  • 個人の運用と比べ修正はレスポンスが落ちる

LINE公式アカウントの運用代行のデメリットは、「運用代行会社に支払うコストが発生する」ことと「代行を解除した場合はリッチメニューなどは解消される」ことが大きなデメリットになります。

運用を代行してもらえばコストが発生することは当然ですが、リッチメニューのデザインの数やメッセージ配信の数により、コストは変わります。

代行のメニューによりけりですが、月々1万円~2万円程度のコストがかかります。

また、代行を辞めた場合のデメリットも想定しておくことが必要です。

代行会社に作成してもらったリッチメニューは使用不可になります。

代行会社に作ってもらったデザインなのでしょうがないですが、元々のLINE公式アカウントで使っていたリッチメニューはそのまま使う事はできます。

あくまで、運用を代行会社に作ってもらったモノが使えなくなるだけです。

もちろん、代行中に増えた『友だち』もそのまま使えます。

LINE公式アカウントの将来性|拡張性は無限大

LINE公式アカウントの将来性の画像

LINE公式アカウントの将来性を紹介します。

もはや生活のインフラと言っても良い『LINE』ですが、ビジネス展開についてはまだまだ発展の余地が残されています。

LINEを使った拡張サービスのアプリはたくさん展開されており、今後も増えていくことは間違いありません。

2019年時点で、LINE公式の導入件数は300万件を突破したとの発表がありましたが、8900万人のユーザーを囲い込むには全くLINE公式の数が足りていません。

また、LINE公式アカウントの分布についても関東に集中しており、関東圏以外の地域では普及率が低くなっています。

関東圏では店舗(事業所)がLINE公式を使っていることが当たり前になっているため、ユーザーの囲い込みは益々必要になっています。

逆に関東圏以外の地域では、早めにLINE公式を導入することで、同業他社よりも早くユーザーの囲い込みの先手を打つことができます。

正直、『必須』か『チャンス』の違いしかありません。

どちらを選んでも『メリット』しかありませんよね?

LINE公式アカウントの日本地図の画像
公式HPより抜粋

更に、今後は『LINE Pay』との統合が強化されることも発表されているため、公式LINE上から集客し販売、決済まで完結するサービスになること間違いありません。

HPやFacebookで店舗の紹介することが当たり前になっていますが、顧客満足度を上げるためのツールとして公式LINEも必須になっています。

LINEの拡張サービスのアプリの充実とLINE公式との連携により、拡張性は無限大に広がっています。

「プライベートでLINEを使わなくなる未来は想像できない」とは思いませんか?

恐らく、日本の全国民が同じ意見だと思います。

ということは、「LINE公式アカウントを使わなくなる未来も想像できない」ということです。

あなたのビジネスも明るい未来しかありませんね♬

まとめ LINE公式はアカウント作成から運用代行まで専門の会社にお任せ♬

「LINE公式はアカウント作成から運用代行まで専門の会社にお任せ♬」を解説しました。

LINE公式は現代ビジネスの必須ツールになっていることは間違いありません。

「モノが売れない時代」とも言われる現代では、新規顧客の開拓よりも既存の顧客のリピート率を上げることが求められます。

リピート率を上げることにより、生涯にわたり利益を上げてもらう、市場生涯価値(ライフタイムバリュー)が重視されます。

一期一会の付き合いではなく、地元に愛されるお店になるために、LINE公式アカウントは素晴らしいツールです。

LINE公式アカウントの運用をプロに任せたいとお思いの方は、問い合わせフォームから連絡をいただければ、折り返しご連絡を差し上げます。

もちろん、日本全国で対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

今なら導入実績強化キャンペーン中につき、台数限定で通常価格よりもお安く提供できるため、お早めにご連絡下さいね

LINE公式アカウントの運用代行まとめ

  • 8,900万人が活用しているLINEのビジネスアカウントで顧客のリピート率を上げれる
  • 運用を代行に任せれば面倒な作業は一切必要ない
  • 運用のプロが代行するため個人運用と比べ効果が高い
  • 過去の代行の成功事例の共有により大企業のようなスケールメリットが得られる
  • 今後もLINE公式アカウントがインフラとして成長することは間違いない

LINE公式アカウントの新規アカウント作成を自分でやりたい方は、下記記事を参考にして作成してみて下さい。

手順通り進めば、誰でもアカウントは作成できると思いますよ!

LINE公式アカウントを使ったマーケティングは「ダイレクトレスポンスマーケティング」です。

「ダイレクトレスポンスマーケティング」を確認しておきたい方は、下の関連記事を確認してみて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる