シリング法でストレスを減らした妊活♪難しい採精の補助は容器が決め手

お疲れ様です。T@課長(@Nya540720)です。

 

わたしは2児の父親ですが、以前妊活をしていた時期もありました。

 

特別な治療などはせずに、夫婦とも精子と卵子の検査を受け、
異常がないことを確認してもらって、お医者さんと診察(面談?)しただけですので、妊活の定義とは違うのかもしれませんが。

 

結果的に、そうそうと1人目を授かることができましたので、それ以降、妊活のことは忘れていました。

 

ところが、最近、知人が「実は妊活しているんだよね~」という話があり、
それで「昔、精子の検査を受けたなぁ~」と思い出したぐらいでした。

 

知人と自分の体験談も踏まえて、いろいろと馬鹿話をしましたが、どうしても妊活の話はセンシティブな内容が多く、
また男性も女性もストレスが多い行為だなと思い出しました。

 

わたしはスムーズに子供を授かることができましたが、知人は中々上手くいかず、時間的にも金銭的にも精神的にも大変そうでした。

 

少しでもストレスを減らしながら妊活できないものかと思っていると、
その知人から「『シリング法』という方法で妊活をしているんだ」との話を聞き、紹介したいと思いブログに書くことにしました。

 

シリング法をご存じで、採精のことでストレスを感じている人はこれを試してみて下さい↓

>>>「プレメント採精シート」が、射精・採精時の不安を解消!

 

パートナーの方にはこちらがおすすめのようです↓

目次

シリング法とは【難しい採精の補助は容器が決め手】

シリング法でストレスを減らした妊活♪難しい採精の補助は容器が決め手

ご存知の方もいるかと思いますが(わたしは知りませんでした)病院に行かなくても簡単に自分でできる妊活方法として有名です。

 

注射器を使って精子を採取し、それを自ら膣内に入れるというシンプルなやり方ですが、比較的に効果があると言われています。

 

不妊治療なかでも、手軽にできるとされていて他人の手を借りず、自分たちだけで行うことができます。

妊活初心者で何からしたらいいかわからない方や、
始めているけど今のやり方で妊娠に至らない人など、いろいろな方が気軽に試すことができます。

お手軽にできる大きな理由の一つに、病院に行かなくても良いということがあります。

 

普通だと、病院に行っていろいろな検査をした後に、自分たちに合う治療を探したり、試してみたりしますよね。

どうしても、手間や時間がもかかる上に費用もかさんでしまいます。

 

しかし、シリング法であれば、自宅でキットを使って妊活を行うため、比較的安価に妊活を行うことができますよ。

 

【公式HPはこちら↓】

精液を無駄にしない唯一の「採精シート」プレメント採精シート

 

採精は男性のストレスも意外とある【難しい採精の補助は容器が決め手】

誤解や語弊を恐れず、直接的な言葉で書かせていただきます。

 

わたしは産婦人科で精子の検査を受けたことは、色々とストレスを感じました。

 

『検査を受けること』自体は、夫婦で話し合いし、納得していたのですが、
採精する部屋(今はメンズルームと呼ぶらしい)で出す行為がものすごく”嫌”でした。

 

看護婦さんに「それじゃ、あちらの部屋で出して、終わったらお持ち下さい」と言われ、
紙コップをもって部屋に入ると、使い古されたエロ本が3冊ほど置いたありました。

 

部屋に鍵はなく(今はあるのかな?)、すごくソワソワしたことを覚えています。

 

持っていくタイミングも考えたりして、なかなかのストレスだったことを覚えています。

 

表現しにくい心理状態なのですが、すごく恥ずかしい行為(?)なのに機械的に検査され、
「大丈夫です」と言われた一連の行為は、飲みの席では話のネタですが、もう一度やるかと聞かれれば、答えは「NO」です。

 

もちろん、妻も同じように決して快い行為ではなかったことは理解しています。

 

だからこそ、男性も女性も、なるべくストレスを感じないような妊活が望ましいと思います。

 

シリング法でストレスを減らした妊活♪男性の採精ストレスも減少

シリング法は、自宅で妊活ができるため、ストレスは軽減できます。

 

「自宅で妊活できるなら普通にSEXすればいいじゃない?」と思う方も多いと思いますが、
いつも”普通”にできる状況じゃないこともあるじゃないですか?

 

体調やタイミングや行為自体の相性のような、当事者にしか分からない問題もあると思います。

お医者さんとはいえ、デリケートな内容ですので、身内以外の人に具体的な話をすることはストレスになります。

 

これは、男性であれ女性であれ、同じようにストレスは感じてしまうと思います。

 

その問題にお医者さんの手を借りる前に、まずはシリング法も開始してみることをおすすめします。

シリング法なら、他の人と話をするストレスは無くなります。

 

清潔な器具を使ってシリング法を行うことは大事【当然】

シリング法を実施するには、器具が必要になりますが、絶対に清潔な器具を使いましょう。

 

サイトによっては金額を安くするため、「100均でも器具がそろう」と書いている人もいますが、
絶対に清潔な専用器具を使うことをおすすめします(普通は専用器具使うよね)

 

そこで、体験談ですので男性目線で申し訳ありませんが、採精の方法でもストレスが違います。

 

紙コップ型の容器に入れる方法と、紙に射精するタイプがありますが、
絶対的に紙に射精するタイプがやりやすいストレスが少ないから、おすすめだそうです(知人談)

 

男性しか分からない感想ですが、諸先輩方なら分かると思いますので、
奥様方は深く考えず、紙に射精するタイプを選んで下さい。

宜しくお願い致します。×3

 

このタイプ↓

シリング法でストレスを減らした妊活♪難しい採精の補助は容器が決め手

奥様はこちらがおすすめだそうです↓

【自宅でPCR検査を受けたい方はこちら↓】

 

まとめ シリング法でストレスを減らした妊活♪男性の採精ストレスも減少

わたしが妊活していたのは10年以上前ですが、劇的に進化した印象はありませんでした。

 

男性も女性も、決してストレスは少なくなく、夫婦にとって大きなライフイベントであることは間違いありませんよね。

それは、子供を持つということが、とても大きな意味を持つからに他なりません。

 

子供を持たない夫婦に対しても、夫婦の形が違うだけですので、『子供を持つことの価値』で語ることはナンセンスだと思っています。

 

ただ、「子供が欲しい」と夫婦が思っているならば、可能性や選択肢が多いことに越したことは無いと思いますよね?

 

その一つがシリング法です。

 

夫婦で話し合いを持ち、現状を少しだけ改善する方法がシリング法ならば、ぜひ試してみて下さい

 

シリング法に最適の男性用採精キット【紙】はこちら↓

「プレメント採精シート」が、射精・採精時の不安を解消!

 

 

【大河ドラマ青天を衝けの脚本についてはこちら↓】

 

それでは、今日も1日、お疲れ様でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる