別居の親を見守りたいならアイシル|高齢の親と優しいコミュニケーション

お疲れ様です。T@課長(@Nya540720)です。

 

私たち夫婦は40代ですが、私たちと同じぐらいの年齢の方は、
そろそろ親の介護のことを心配する年齢ではないでしょうか?

 

親が元気で頼もしい(うるさい?)時は問題ありませんが、
どんなに元気な親でも加齢により少しづつ元気がなくなってしまいます。

 

高齢の親と同居しているならまだしも、別居して暮らしている場合は不安が絶えないですよね?

 

急に別居の親と連絡が取れなくなったり、先日のような大きな地震があった時は不安も募ります。
駆けつけようにも直ぐには駆けつけれない場合は、どうすることもできず更に不安になると思います。

 

そんな、拭いきれない不安を解消できるアイテムが、

見守りプラス認知のアイシルです!

 

この「見守り認知のアイシル」の特徴は、

  • 離れて暮らす別居の親を24時間365日見守ることができる
  • 認知症を早期発見(MCI)するきっかけを作ることができる
  • 声掛け機能により、薬の飲み忘れを防止することができる

離れて暮らす『別居の親の見守り』としても、部屋に監視カメラを付けることはできませんよね?

 

別居の親が心配とはいえ、プライバシーも保護されるべきです。

 

【別居の親を見守りたい】見守りプラス認知のアイシルを使えばプライバシーを保護しつつ見守ることができます。

 

  • 「別居しているの親が心配だなぁ~」
  • 「コロナウイルスのこともあるから、頻繁に会いに行けないなぁ~」
  • 「薬の飲み忘れが心配だなぁ~」
離れて暮らす別居の親に対して心配をしている方はこの記事を読んで、コミュニケーションを重視しましょう。
目次

別居の親の見守りたいならアイシル【別居の親とのコミュニケーション】

別居の親の見守りたいならアイシル【別居の親とのコミュニケーション】

『見守りプラス認知のアイシル』は見守り機能に
認知症の早期の気づき機能を搭載した高齢者支援システムです。

センサを用いた24時間見守り機能に加えて、押しボタンを用いた認知症の
早期気づき支援機能を搭載し、早期認知症(MCI)の早期の気づきにつなげます。

公式HPより抜粋

 

【高齢の親の見守りのアイシルの公式HPはこちら↓】

>>>離れて暮らす高齢の親の見守りなら「アイシル」不安の解消へ

 

アイシルの仕組み【別居の親を見守りながらコミュニケーションを取る】

アイシルの仕組み【高齢の親の見守りの不安を解消するには親世代と子供世代の適切な距離】

アイシルには各種センサが搭載されており、
高齢者の24時間365日の見守りを行うと共にクラウドシステムにデータを蓄積します。

朝起きた時、お薬を服用時、食事を取った時といったタイミングで
アイシルの押しボタンを日常の決まり事として押して頂きます。

これらセンサ情報と、ボタンの押下情報はクラウドシステムに蓄積され、
解析を行うことで認知症の早期の気づきにつなげます。

クラウドシステムのデータは本人はもちろんのこと、家族様や協力者様がパソコンや
スマフォを用いていつでもどこからでもアクセスが可能です。

公式HPより抜粋

高齢の親でも簡単に操作できる優しい設計

決まり事として、押すボタンの種類は3種類です。
おはようボタン 起床時に押すボタン
お薬ボタン お薬を服薬時に押すボタン
ご飯ボタン 食後に押すボタン。朝ご飯、昼ご飯、夜ご飯の3つのボタンがあります。

 

これらセンサー情報と、ボタンの押下情報はクラウドシステムに蓄積され、
高齢者様(見守られる側)の生活リズムの解析を行います。

又、過去のデータと比較を行うことで、
認知症の前兆を見つけ出し、認知症の早期発見につなげます。【軽度認知障害(MCI)】

【通常の状態】

【指定の時間になるとランプが点灯】

アイシルの仕組み【高齢の親の見守りの不安を解消するには親世代と子供世代の適切な距離】

アイシルの仕組み【高齢の親の見守りの不安を解消するには親世代と子供世代の適切な距離】

 

【使い方を説明①】

日常の決まり事としてボタンモジュールの押しボタンを押して頂きます。

押しボタンには『お早うボタン』、『お薬ボタン』、『朝/昼/夜ご飯ボタン』があります。

設定された時間になると各ボタンのLEDが点滅し、ボタンの押下を促します。

 

【音声によるボタン押下促しメッセージ】

【ボタン押下情報がクラウドサーバに送信】

アイシルの仕組み【高齢の親の見守りの不安を解消するには親世代と子供世代の適切な距離】

アイシルの仕組み【高齢の親の見守りの不安を解消するには親世代と子供世代の適切な距離】

 

【使い方を説明②】

一定時間経過後、LEDが点滅状態でボタンが押されないと、音声によるボタン押下促しメッセージが出力されます。

ボタンを押すことでボタン押下情報がクラウドサーバに送信されます。

LED点滅中に押されたのか、ボタン押下促しメッセージによってボタンが押されたのか、
ボタン押下促しメッセージを無視してボタンが押されなかったのか、或いはボタンの2度押しがあったか、

押し間違いがあったか等の結果がクラウドサーバにデータとして蓄積されます。

 

ボタン押下の有効/無効、LEDの点滅や音声メッセージの開始時間、終了時間等はライフスタイルに応じて自由に変更可能

 

 

□外出ボタンによる活動状況の把握

外出時、外出ボタンを押して頂きます。外出ボタンを押すと、外出モードとなり見守り状態が一時停止します。(*)

認知症が進行すると、引きこもり等の症状が現れます。

外出ボタンの押下状況は【軽度認知障害MCI】の気付きの一つの要素となります。

*帰宅時は自動的に見守りモードになります。

□人感センサによる引きこもり度合いを測定

本体に搭載された人感センサは、見守りを行うだけでなく、利用者様の活動量を計測します。

アイシルは人感センサの時間軸での変化と、変化の大きさを基に生活状況の解析を行います。

人感センサの反応時間が長時間続いた場合、一見活動量が多いと思いがちですが、
一つの人感センサでの長時間の反応は引きこもり状態を示しています。

又、時間単位の変化量が大きい場合は、活動量が大きいと言えます。

このように人感センサからのデータは【軽度認知障害MCI】気付きの重要な要素となります。

【操作画面】

【過去と現在データの違いを判り易く表示】

アイシルの仕組み【高齢の親の見守りの不安を解消するには親世代と子供世代の適切な距離】

アイシルの仕組み【高齢の親の見守りの不安を解消するには親世代と子供世代の適切な距離】

 

【確認方法】

パソコンやスマホのブラウザを用いることにより、いつでも、どこからでもクラウドデータにアクセスが可能です。

レスポンシブデザインを採用しており、スマホからでもストレスなく直感的な操作が可能です。

又、スマホのLINEアプリ使って通知を受け取ることもできます。

日々の生活状況とボタン操作状況の集計をグラフで表示し、
3か月・半年・1年…過去と現在のデータを簡単に比較することができます。

気付きづらい小さな変化を可視化することで認知症の進行状態を把握することができます。

アイシルの仕組み【高齢の親の見守りの不安を解消するには親世代と子供世代の適切な距離】
 【公式HPはこちら↓】

>>>離れて暮らす高齢の親の見守りなら「アイシル」公式HPへ

まとめ 別居の親を見守りたいならアイシル|高齢の親と優しいコミュニケーション

別居している親を持つ世代としては、”どのように別居の親を見守るか”は大事な問題です。
自分たちの生活を維持しつつ、親のプライバシーも守り、手厚く見守る。
とても難しく、簡単には解決しない問題ですよね?

社会全体が高齢化が進めば、日本中で同じような悩みを持つ家族が増えると思います。

 

実は、『見守り』については、子供世代だけではなく、別居の親にもストレスになることは間違いありません。

 

大切なのはお互いがお互いを尊重し合い、
適切な距離感で見守ることだと思います。

 

アイシルなら親世代にとっても監視されている印象は全くなく、
ストレスのない見守られているという関係性を作ることができます

 

コロナ禍だからこそ、しっかり別居の親と話し合い、プレゼントしてみてはいかがでしょうか?

 

【アイシルの公式HPはこちら↓】

>>>親世代も子供世代も適切な見守りの関係は「アイシル」の公式HPはこちら

 

まとめ 高齢の親の見守りの不安を解消するには親世代と子供世代の適切な距離

 

【高齢者が聞こえるミライスピーカーの公式HPはこちら↓】

>>>高齢者が聞こえる音に形を整え家族で一緒にテレビを観る♪ミライスピーカー

【別居している親の一人暮らしは電球で見守ろう♪蓄積データで察知するならこちら↓】

>>>親の一人暮らしを見守るカギは電球⁈蓄積データで行動の異変を察知

【精力的な男性になるならこのサプリを飲もう♪精力サプリならこちら↓】

>>>精力的な中年男性の秘密はなに?精力サプリを飲めばあの頃の元気が?!

それでは、今日も1日、お疲れ様でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる